WWDC 2013 プレスリリース We can’t wait to….から iOS7 が発表されると妄想しました。

今朝?のWWDCチケット なんと2分で売り切れ!だったようです。。2010年には8日間で、2011年には10時間で、2012年には2時間で完売していたのが、2分です。ムーアの法則どころでないです。びっくりです。

1599ドル × (推定発行枚数)5,000枚 = 約8億円!

これはもう想像できないおおひがしです。こんにちは。

ロゴが意味深?

ロゴが意味深だと話題ですね。チケット2分で売り切れるんですから、話題になります。

Apple001

これも気になりますが、もっと気になっているのがプレスリリースです。

Apple Worldwide Developers Conference to Kick Off June 10 in San Francisco

Apple002

2013-04-24(現地時間)にリリースされています。明日チケット売るよーがメインてす。来たらこんなに色々あるからね、来なきゃ損だよ!っと書いていると思います。たぷん。

おおひがしの読解力がどうなん?というツッコミも非難は棚に上げさせて下さいね。

プレスリリース。ホントの所はどうなん?が気になります。iOSもOSXも次期バージョンそのものが発表されるのか。とても気になります。いやー待ち遠しいです。期待しています。iOS 7 さらに僕たちの生活を無茶苦茶にして!イイ意味で。

そう、improvementやreformでなくrevolutionを味わいたいし、それが感じて使っていますからね。

担当者は、Christine MonaghanさんとTom Neumayrさんです。電話番号も載っています。国際電話で聞いてみたいです。「ねぇどうなの?」と。

あたらしいOSが発表される可能性が大きいとおもいす。特にiOS。このプレスリーリスにヒントを感じました。

3つの暗号

iOS and OS X

この2つ単語が登場します。何度もです。この時にiOSが先に書かれています。iOSに注目せよ!ですよ。これは間違いない。…アルファベット順ってことないですよね?。

2013

「2013」をぐるっと180度回して見て下さい。「EiOS」です。express iOS です。このネタは今年しか使えません。appleの中の人達がこれを見逃すはずがないです。プレゼンも良い感じになるはず。

ロゴのギリシャ文字はこれに気付かれないためのフェイクです。たぷん。

違う表現が3つ

Apple03

  • the future of iOS and OS X
  • new versions of iOS and OS X
  • the latest iOS and OS X

3度!表現を言い換えています。英語が同じ表現を嫌うといっても、やり過ぎ?に感じます。言い換えの強調を意図している!絶対そうです。

しかも、2つは versions になっています。後ろが2だから当然?いやいや。あえてこの表現にしているはず、iOSもOSXも新しいのありますよ。そうでしょ、Tom 。

We can’t wait to

最後の「We can’t wait to get new versions of iOS and OS X into their hands at WWDC.」です。もうー待ち切れん!っですよ。書きたいけど書けんのですよっと、早く発表したい!と伝わってきます。

6月10日が待ちきれません。楽しみです。

喜びの声

こちらは無事にチケットを入手されたようです。おーすごいです。アクセスしたときの気持ちは聞いてみたいです。

をーすごいです!

あと、Zbenchテーマ使っておられます。イイですよね、3年使ったなあ。趣味が同じなので嬉しいです。

皆さんはどう感じられましたか?

apple を感じたい!あなたにおすすめ!