ミハエル・シューマッハ ”スキー中の事故” 回復を祈っています | 2014-01-01 14:00 までの記事リンク集

F1レースで7回の総合優勝を収めた、ミハエル・シューマッハ 氏が、2013年12月29日(現地時間)にフランス メリビルでスキー中に事故に遭い、危篤状態になりました。

まさかのニュースでした。

一時も早い回復を祈っております。12月31日(現地時間)の情報では、危険な状態ではあるが”改善の兆し”があったと、医師がコメントしました。次の続報を待っているところです。

最新情報から事故発生まで、読んだ記事をリンクとしてまとめました。

シューマッハの事故は「極めて不運」(2014年1月1日)

極めて不運で残念な状況であり、スピードを出しすぎていたせいではない。スキーのインストラクターも含めて複数の人と話をしたが、時速10kmでもそのようなことが起こりうるという。非常に不運だった

サイヤン博士、回復を願うなら医師の仕事を尊重せよ (2014年1月1日)

ドイツで報じられたところによると、神父に化けた一人のジャーナリストがミハエル・シューマッハの病室に入ろうとしたという。

「わずかに良くなっている」ものの、依然として重体に変わりない(2013年12月31日)

31日(火)、シューマッハの状況を説明したグルノーブル大学付属病院の医師団は月曜日よりも「うまくコントロールできている」としながらも、まだ危険な状態から脱したわけではなく、医療行為から生じた昏睡状態のまま集中治療を受け続けていると説明。

わずかに改善したシューマッハの容体 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

医師団は「わずかに良くなっている」ものの、依然として重体に変わりないと明かした。 31日(火)、シューマッハの状況を説明したグルノーブル大学付属病院の医師団は月曜日よりも「うまくコントロールできてい …

英文:Schumacher’s condition improves 2013-12-31 19:18(イギリス時間)

The condition of German motor racing star Michael Schumacher has improved slightly after a second operation to relieve pressure on his brain, his doctors say.

フェラーリとメルセデス、ミハエル・シューマッハの回復を祈る(2013-12-31)

ミハエル・シューマッハが所属していたフェラーリとメルセデスが、シューマッハの回復を祈る声明を発表した。

かつてミハエル・シューマッハとともに5度のワールドタイトルを獲得したフェラーリは「ミハエル・シューマッハの事故について聞いて以来、フェラーリのメンバー全員が心配してます」とコメント。

宿敵だったヒル氏、シューマッハ氏のために「祈っている」(2013-12-31)

かつての宿敵だったデイモン・ヒル(Damon Hill)氏は30日、「祈りを捧げている」ことを明かした。

ミハエル・シューマッハの事故調査、開始 (2013-12-31)

アルベールビルの検察官フィリップ・クインシーは、ミハエル・シューマッハが重傷を負ったスキー事故の原因を特定する調査が始まったと発表した。

7度のワールドチャンピオンは、29日息子と一緒にメリベルでスキー中、転倒して岩に頭をぶつけた。

【動画】シューマッハを病院へ搬送するヘリコプターの映像(2013-12-31)

現地時間30日(月)夕方、ミハエル・シューマッハを病院へ搬送するため、現場からヘリコプターが飛び立つ様子を収めた動画がヨーロッパのメディアを中心に出回った。

撮影したのは、事故を目撃したスキーヤーと言われている。

ミハエル・シューマッハ、2度目の手術が無事成功 (2013-12-30)

ミハエル・シューマッハは、30日の夜に事故後2度目となる手術を受けた。

ミハエル・シューマッハの治療にあたる医師団は、30日の午後10時から脳の左側にあった2つ目の血腫を取り除く手術を行ったことを報告した。

フランス メリビル

[map addr=”フランス 〒73550 レ・ザリュ ヴァノイゼ国立公園 メリベル” zoom=”5″]

皇帝ミハエル・シューマッハ

皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡―Danke,Schumi!
ZEITGEIST MEDIA
ブックマン社
売り上げランキング: 32,360

この記事を書いた人