MarsEditでエントリーを投稿したら「Post to Weblog Error」とエラー発生。原因は不思議な文字コードが本文にあることだった。

  • ブックマーク

 

Macでブログエントリーを書くときは、エディターで文章を書いて、その後に、MarsEditで見出しや写真を整形して投稿しています。

そんな作業の流れで、エントリーを投稿した時に「Post to Weblog Error」というエラーが、MarsEditにて表示されて、投稿できないケースに出会いました。

ちょっと不思議なことが原因になっており、解決方法をうまく見つけられていないのですが、同じエラーに出会ってしまった場合に参考にしてください。

エラーメッセージ

MarsEditで表示されたのは、このようなエラーメッセージでした。

Post to Weblog Error

Can’t post for ものくろぼっくす because the server reported an error: the WordPress XML parser failed to process the content of the request.

Often this is caused by a faulty WordPress plugin. You may want to disable or upgrade your WordPress plugins before trying again.

実は以前も同じエラーメッセージのトラブルに出会っていました。すっかり忘れていましたけれど、検索したら自分のブログエントリーがヒットして思い出しました。

  • [箱] 【MarsEdit】『Post to Weblog Error』とのエラーメッセージにてWordPressに投稿できないトラブルを解決 | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=19204

このときは「altキーと同時に文字キーを押した」ことで、通常では使わない文字がエントリー本文に混入したことが原因でした。

ブログエントリー作成の流れ

問題が発生した時のブログエントリー作成の流れは下の通りでした。

  • Bywordというエディターアプリで、文章を書く

  • そのテキストを、MarsEditに貼り付けて整形

つまり、2つのアプリを使っていました。エディターのBywordとMarsEditです。また、Macは先日発表されたYosemiteにアップデートしています。

エラーの原因は

エラーの原因を特定できたのは、別のエディターアプリにエントリー本文を貼り付けた時でした。そのアプリは”mi”です。

miに、エラーが発生するエントリー本文を貼り付けると、BywordでもMarsEditでも見えなかった下の不思議な文字が浮き上がりました。

文字コードがみえた

「08」です。これは単なる数字の08でなく、文字コードの08でした。ちなみに文字コードの08はバックスペース(BS)です。なんでこんなことになったのか?わからないのです。

トラブルの原因は不思議な文字コード

とりあえず、この文字コードを除去した後は、MarsEditからすんなりエントリーをアップできました。ちょっと腑に落ちないのですが、とりあえず解決できました。

次号予告

2014年10月24日からスタートした奈良の正倉院展。今年はもう一つおすすめな見学ルートがあります。それをご紹介予定です。

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。

オンラインで受講できます

ぜひ、この機会に。

直接、人と会いにくい状況が続いています。

そんな中、あなたを知りたい!という人はたくさんいます。

じゃ?どうやって?

発信するパーソナルメディアを、ブログで作りましょう。

あなたが、元々持っている、スキル・知識・価値を伝えると、人生が変わります。

オンライン 4Days 【WordPressブログ】スタートアップ講座 -第2期- 開催決定!

●休日開催コース

5月30日(土)・31日(日)・6月6日(土)・7日(日)

19時30分から21時30分(2時間)

もしくは

●平日開催コース

6月1日(月)・2日(火)・8日(月)・9日(火)

19時30分から21時30分(2時間)

例えば、5月30日(土)と6月1日(月)は、同じ内容です。

2つのコースから、

自由に組み合わせていただけます。

お申し込みのチケットは、

1日目を、

休日コース 5月30日(土)でスタート

or

平日コース 6月1日(月)でスタート

どちらなのかをお選びください。

2日目以降は、1日目 受講時にご確認いたします。

詳細とお申し込みはこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人