ThinkPad X40の本体を閉じていても、外部ディスプレーを表示する。

先の記事に書いた「ThinkPad X40 外部ディスプレー 縦位置(ピボッド)表示にする方法」で無事に外部ディスプレーに表示(縦位置)ができた。X40本体のLCDには何も表示されていない。外付けのキーボードとマウスを使うので、本体の液晶部分を閉じてスマートに使いたい。ところが画面を閉じるとスリープになってしまう。簡単な設定をすればよいとわかるまで、1時間以上かかった。Windowsのコントロールパネルから設定できるとは、忘れないためにメモにしてまとめた。

ThinkPadX40はWindowsXPなので、ここではXPの設定方法。

 

「コントロールパネル」ー電源オプション」を開く。

 

電源オプションのプロパティ(下の画面)が開く。ここの電源設定「モニタの電源を切る」・「ハードディスクの電源を切る」・「システムスタンバイ」・「システム休止状態」は必要に合わせた設定にする。

「詳細設定」タブをクリックする。

この画面の中央にある「ポータブル コンピュータを閉じたとき」を「何もしないに」に設定する。

これでLCDを閉じても、スリープにならず外部ディスプレーを使って作業できるようになる。

なお、VISTA・Windows7でも基本は同じだ。設定画面の呼び出し方法はわかりやすい。
「コントロールパネル」ー「モバイルコンピュータ」−「コンピュータを閉じるときの動作」
これで、同じ設定ができる。

講座 開催予定

この記事を書いた人