手ごろな価格で使い勝手に優れ暖かい自転車手袋レビューシンサレート保温材 (Thinsulate)の実力

寒い日の自転車

寒い毎日です。特に今年は寒さが厳しいです。この冷たい風のなかを自転車に乗るとき、欠かせないのが手袋です。オシャレにいうと、グローブです。欠かすことができません。冷たい風を受けて、指先が痛いですし、ギヤ付き自転車の時は操作するのも大変です。

また、万が一の時に手のケガを防いでくれます。ありがたいです。

いざ、選ぶとなると、種類・価格の幅が広すぎて、どれを選んでいいのか?迷ってしまいます。今まではユニクロのグローブを使っていたNobですが、無くしてしまいました。(T T) 仕方なく買い換えとなりました。

使い勝手が良くて、暖かい、しかも1050円。そんな手袋を見つけたので、レビューします。

なくした手袋

ユニクロのグローブ(手袋)です。去年の11月に買いました。自転車用ではなく普段使いで 選びました。たしか2000円ぐらいしたと思います。暖かいのですが、ゴワゴワしていてギヤチェンジなどの操作はイマイチです。自転車用ではナイので仕方ないです。

まあこれでも良いよねと納得して使っていましたが、突然の別れとなりました。なくしました。どこかで置き忘れたのです。でもどこかわからない。今度からは紐で体にくくっておかないと。ショックです。

あ−また、出費です。

軍手

なくしたのですが、帰り道は自転車です、当然。今年いちばんの冷え込んだ夜でした。タイミング最悪です。寒さに我慢できずコンビニへ、手袋コーナーがあって品揃えが良い感じ、でも今は緊急時、そのコーナーを後にして日用品コーナーの軍手を買いました。89円。

ひょっとしたら”これで良いんじゃない”との期待もありました。ある程度の寒さはしのげます、でも、生地が風を通すので、やっぱりつらい。世の中そう簡単にはいかないものです。

ただ、自転車に乗るときは軍手を1つ持っていると、とても便利です。ギヤが調子悪くて外れたときに手を汚さずに修理できたりします。

やっぱり良い物を

軍手は風を通してつらいことを学び、帰宅してから次に買うのをどうするか?となりました。選ぶのは楽しいです。”ちょっとはしっかりした物がいいかも”と思い、大好きなモンベルをチェック。

ごめんなさい、モンベルのこと、まだまだわかってませんでした。自転車用とあったのですが。まずそのお値段、いや−予算の3倍以上!。町で使うレベルじゃない?完全防水とか、違う製品でも、縫い目は防水加工していません、って、それ日常生活だと十分な防水性能。

Nobはなくす自信もあるので、自分向けじゃないと思いました。

シンサレート(Thinsulate)保温材

色々しらべたら、コンビニでコストパフォーマンスが良いのを発見。1000円ほどとのこと。早速、翌日探しに行きました。1軒目のセプンイレブンでは見つけられず、2軒目のサンクスで発見。”自転車バイク手袋”で撥水機能・反射材もあります。実際に手にしてみると良い感じ、予想よりGoodなので購入、1050円(税込)でした。

「warmone」というブランド?です、調べたけど謎です。ココで気になるのが、「シンサレート保温材」の文字。手袋にも大きくデザインで入っています。タグには3Mの文字があります、これは”薄くて、暖かい”防寒用素材らしく、40年以上にわたり改良されてきたマイクロファイバー技術ということがわかりました。

3M| 3M™ シンサレート™ 高機能中綿素材|製品とサービス

薄いのに暖かい

使ってみての感想がまさしくそれ。生地が薄いのに”暖かい”のです。また、生地の薄さのおかげで、指先を器用に動かせます。手の平のところには滑り止めの加工があるので、安定してハンドルを持つことができます。

自転車に乗っていると、ギヤやブレーキの操作と指を使うことが多いのですが、「操作がしにくい」とのストレスも感じることがありませんでした。いや、ショックを和らげてくれるのと、手の平が滑りにくいこともあって、素手で乗るより楽です。

1050円はコストパフォーマンス最高と思います。また、次は絶対に「なくさない」と心に誓っていますが、手袋はなぜかなくす訳で...たぶん、外す機会が多いから、、かも。

万が一なくしても、この価格なので”心の傷”は少なく済むのもありがたいです。コンビニで扱っているので、どこでも手に入るのも大きなメリットです。

でも、この手袋ならのメリットがあります。生地が薄くかさばらないのです。これなら手袋を外してもカンタンにポケットに入ります。前の手袋はポケットに入れにくく、その辺りにポンと置いてなくしたと思います。なので、今度は大丈夫です(言い切っていいのか?!)。

そして毎日、冷たい北風の中でもご機嫌に自転車を楽しんでいます。もちろん、このシンサレート保温材の手袋のおかげです。

まとめ

手袋をなくしたことで新しいものを探しました。調べたところコンビニでシンサレート保温材を使っている手袋が1000円ほどの価格で販売していることを知りました。早速、購入し使いました。

シンサレート保温材は”薄くて、暖かい”防寒用素材のため、生地が薄く指先を器用に動かせます自転車を乗る上で指先が自由に動かせることは大切です。もちろん厳しい北風の中を走っても暖かい手袋です。

手の平のところには滑り止めの加工があるので、安定してハンドルを持てます。手袋が路面からの衝撃を和らげてくれることもあり、素手で乗るより楽です。

”手ごろな価格で、使い勝手に優れ、暖かい”手袋です。寒さが厳しい毎日でも、自転車に乗るのが楽しくなる良い買い物でした。

同じ商品ではないですが、シンサレートを使っている防寒手袋(グローブ)を紹介します。

2200 words

関連記事

自転車を愛するあなたにおすすめ!

この記事を書いた人