新型ポメラ DM250 親指シフトに新しいキーレイアウトが選べる(Orzレイアウト搭載)

祝 Orzレイアウト搭載。

新型ポメラ DM250が、2022-07-12 発表された。

発売は、2022-07-28のスケジュール。

6年ぶりの新しいポメラ。

色々と改良されており、スペック的に大きな変更は、内部メモリ容量が巨大になったこと。

DM200の128MBから1.3GBと10倍とパワーアップしているが、それよりも気になったのが、DM200に搭載されていた親指シフトタイピング機能が、DM250にも継承されるのか?だったが、ばっちり、搭載されている。

しかも、「新たな親指シフトの追加」とのことで、

右手を1列ずらすことにより「ポメラ」でより入力がしやすく改良したレイアウトを追加しました。

https://www.kingjim.co.jp/pomera/dm250/function/input/

少しレイアウトが異なる部分もあるが、Orzレイアウトが搭載!パチパチ。

英数も、右手ずれている!様子が、上のURL先の画像から確認できる。

(この画像↓)

加えて、左親指キー=無変換、右親指キー=変換 のキーレイアウト、これ、僕は親指シフトだと重要と感じている。ここもしっかり採用されていて嬉しい。

これは、素晴らしい予感。

ガチですよ。

もしかしたら、中の人にガチ親指シフターさんおられるのでは、という感覚を僕は感じました。

この感想をfacebookに書き込んだら、キングジム新製品発表会に参加されていた 旅人ITライター さとるさんから「開発担当者さんが親指シフトだそうですよ」と、発表会のYoutube動画を教えてもらいました。

14分23秒あたりから、キーボード配列について説明があり、その中で親指シフトについて言及されている。

また、新たに追加した親指シフト2の配列に関しては、ポメラのキーボードなどで、親指シフトを入力するときに、ストレスになりやすい親指の置き場問題を、キーボードの右半分を1列ずらすことで解消しています。

普段、私自身が、親指シフトの専用キーボードを使用して親指シフトを入力しているんですけれども、どうしてもポメラなどを使ったときに、ホームポジションに、手を置いた時に、親指がこう内側に入ってしまうので、違和感があったんですけども、そういった違和感を解消するものになっています。

キングジム開発本部 電子文具開発部 清水翔平氏の発表より

電源入れたら、親指シフト使えるデバイスで、右手ずらしできるデバイスは、

ネ申!

ということで、キングジムさんのオンラインストアのみの250台限定のホワイトモデルをポチッとオーダー。

こちらは、キングジムさんの公式Youtube動画。

ここからは、個人的な感覚のメモ。

親指シフトの右手ずらしキーレイアウト(通称 orzレイアウト)を作って、ブログで発信したのが2013年の2月1日。 Mac peopleに掲載されたのが2013年8月。 あれから、9年。

ポメラの新機種に、右手ずらし親指シフトキーレイアウトで、実装!

泣いたよ。

めっちゃ嬉しい。

生きるの諦めなくてよかった。

ほんとうに、生きようって思ってよかった。

親指シフトのタイピングがやりやすい選択肢が増える。

発表から1日で、キングジムさんのオンラインストアは、限定色のホワイトモデル・通常のブラックモデル共に、在庫切れになった。

関連記事はこちら

無料メルマガにぜひご登録ください

ブログより日常を書いています。
ものくろキャンプ メルマガ
購読登録フォーム
Eメール  *
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
  • ブックマーク

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。