「WWDC 2014」は6月2日から6日までサンフランシスコで開催、いい加減な日本語訳あります

  • ブックマーク

Appleから「WWDC 2014」開催がアナウンスされました。場所はアメリカ サンフランシスコのMoscone Westにて、日程は2014年6月2日から6日の5日間です。参加チケットは抽選方式です。

WWDC2014 トップページのメッセージをいい加減に訳してみました。

英語

Over the past six years, a massive cultural shift has occurred.

It’s changed how we interact with one another. Learn new things.

Entertain ourselves. Do our work. And live our daily lives.

All because of developers and the apps they create.

For five days, one thousand Apple engineers and five thousand developers will gather together. And life will be different as a result.

画像”はめ込み”なのはちょっと勘弁。

すごく気楽に日本語訳

この6年間で、ごっついでかい生活の変化を起こしたったんやけど、それで、まあいろんな事もついでに変わってもうたわけやん。

せやから、日々勉強や。

自分たち自身で楽しもうや、仕事も、生活も。

全アプリ開発者・クリエーターさん。

この5日間で、アップルの1000人というごっつい数のエンジニア、5千人!の開発者が寄り集まるんや。人生変えてみいへんか?チャンスやで。

参加チケットは抽選

参加チケットは抽選方式です。アメリカ時間の 4月7日(月)午前10時(日本時間4月8日午前2時)までにWWDC2014 ウェブサイト(developer.apple.com/wwdc)から申込み、抽選(ランダム)になります。結果はアメリカの4月7日(月) 午後5時(日本時間4月8日午前9時)までに状況を知ることができるそうです。(アメリカ時間は”アメリカ太平洋 夏時間”です)

Apple、6月2日〜6日に「WWDC 2014」を開催すると発表(チケットは抽選制) | Apple | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

Appleの日本語プレスリリースはこちら

Apple (日本) – Apple Press Info – Apple、WWDCをサンフランシスコのMoscone Westで6月2日に開幕

WWDCデザインの壁紙

「気になる記になる」にて「WWDC 2014」デザインの壁紙集が紹介させています。これはさっそく設定しようと思います。

関連記事

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から19時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト