無線マウスの動きがおかしいストレスの原因はレシーバーの位置

PC を使う時に、入力デバイスは大切というのが、ものくろ流です。身体に近いところの感覚は楽チンなようにするのが信条です。

だから、キーボードもこだわるし、マウスも操作感がイイものが好きです。

ところが、マウスの動きが変だったんです。たまに動きががぎこちない感じでした。

ほんのちょっとなんですけど

一呼吸遅れたり、寝ぼけてるような動きだったり。ざっくり表現すると寝ぼけているような感じでした。

ああって動かないなぁとストレスに感じ出すと、さらに気になるわけです。

マウスを買い換えるしかないのか

使っているマウスはロジクールの製品。二年前に買った時は良いお値段な機種です。毎日使うからと、頑張って買いました。

頑張って買った ロジクール MX Revolutionはこちら → http://www.logicool.co.jp/ja-jp/support/mx-revolution?crid=398

日本橋のソフマップさんセールで8000円代で購入できたんです。長期保証がある機種なんですけど、保証書もレシートもなくしました。

なので、メーカー保証対応は無理です。自分がわるいんですけどね。Evernoteに保存していなかったのが悔やまれます。

保証は無理、、買い換えるしかないのか、、でも、このクラスでもうまく動作しないのなら、一体どのマウスを使えばいいのかとも思います。

あと有線タイプに戻るのはちょっと勘弁なんです。線があるとやっぱり不自由だからです。

机の場所によって変わる機嫌

そうだきっとバッテリーが減っているんだ!と。そう考えて充電したエネループをセットしますが、やっぱりぎこちない動きに。この時々というのも何が原因か、わかりにくくするわけです。

机の表面が原因かも、そう考えてマウスパッドを使っても、やっぱりサボる時はサボります。高級なマウスパッドもクリックしかけました。

買いかけたマウスバッド(Amazonリンク) → SteelSeries QcK mass マウスパッド 63010

そんななか気づいたのは、机の左側だとスムーズに動くんです。左手でマウスを操作しようかなと思ったのですけれど、このマウスのデザインは右手専用です。ちょっと左手では無理な形状です。

ロジクールのマウス MX Rは右手専用デザイン

つぶやきから解決へ

いろいろとトライするも解決せず、疲れたよっていうことで、ツイッターへつぶやきました。

すると、エンジェルなコメントを頂きました。

レシーバーは2mくらいの範囲にあればどこでも大丈夫だろうと思い込んでいました。でも、ノートPCで使う時は目の前なんですよね。

それに比べると、今のレシーバーの位置はかなり遠い位置です。しかも、机の引き出しが金属製でして、ちょうどその影になってしまう位置関係です。

机の下にレシーバーを配置していたら、ロジクールのマウスが上手く動かなかった

USB延長ケーブルで解決

さっそく、延長ケーブルを取り出してテスト。

するとビンゴです。いままでの寝覚めの悪さは一体なんだったんだというスムーズな動きです。

レシーバーを机の横にマジックテープを使って固定しました。いやはや快適です。

ロジクール MX R レシーバーを机の横にマジックテープを使って固定

いままで不安定だった動きがこれで解決しました。このマウスがまだまだ使えるのもうれしいです。

動きが不安定に感じてから、ドライバーを外していたので横にあるボタンを使っていなかったのですけれど、これでボタンも使えます。

次回予告

今年(2014年)の6月からビブラムファイブフィンガーズという”ちょっと変わった”靴を履いています。これについて書きます。約3ヶ月、履いての感想が『身体にイイ靴』と実感しています。

お楽しみに。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
デジタルなツール
について読む