iPhone 6Plusなら、必ず使いたいアプリ「産経新聞」

iPhone 6Plusの大きな画面が活躍

iPhone 6Plus を手にして思わず笑顔になりました。”産経新聞アプリ”はご存じでしょうか?

産経新聞
カテゴリ: ニュース, ライフスタイル

iPhoneでも新聞紙面と同じ紙面が見ることができるアプリです。いままでのiPhone 5sまでの画面サイズだと、新聞紙面を表示しても「小さすぎる」と感じていました。

ところが、同じアプリなのに”iPhone 6Plus”だと、めっちゃ読みやすい!と感じました。

動画でご紹介

産経新聞アプリを起動した様子を動画(Vine)で撮影しました。百聞は一見にしかず。いかがでしょうか?

4インチ と 5.5インチの違い

iPhone 5s の4インチ画面だと、正直読みたい!と感じなかったのです。ところが、iPhone 6Plusの5.5インチ画面だと、新聞の全体イメージもつかみやすいのです。日々のニュースを知るのに、欠かせないアプリとなりました。

「どうしてこんなに違うのだろう?」と比べてみて、あることに気づきました。

iPhone 6PlusとiPhone5sとの違い

アプリを起動すると新聞の紙面”全体”が表示されます。この時に、iPhone 6Plusの大きな画面だと『見出し』を読むことができます。

ところが、iPhone 5s の画面サイズだと『見出し』も見にくく、ぱっと一目で全体を見ても、どんな話題があるのか?をキャッチすることが難しいのです。iPhone 5sでは、新聞にどんな話題があるのか?を知るだけでも、2本の指を駆使してのズーム(ピンチ操作)が繰り返し必要となります。これがメンドクサイのです。

iPhone 6Plusだと『ぱっと見て、どんな話題が紙面にあるのか?』をすぐに知ることができます。使い勝手の違いはここに理由がありました。気になる記事を見つけたら、ズーム(ピンチ操作)はその時だけ行うので、紙の新聞を読むのに近い感覚です。

iPhoneアプリは無料(いまのところ)

新聞記事はインターネットで読む場合も有料が増えてきています。ところがiPhone向けの産経新聞アプリは今のところ(2014年10月11日)無料で使うことが出来ます。

ただし、新聞記事の中に広告リンクが埋め込まれています。

産経新聞
カテゴリ: ニュース, ライフスタイル

そして、もっと大きな画面でみたいと感じたときには、iPad向けアプリ『産経新聞HD』が提供されています。こちらは 有料となり、30日 あたり1,500円の購読料金が必要ですが、iPadの大きな画面での紙面は読みやすく、紙の新聞の時代は過ぎ去ったと感じることができます。

産経新聞HD
カテゴリ: ニュース, ライフスタイル

号外も届きます

iPhoneの産経新聞アプリの弱点は『東京最終版の朝刊』しか読めない点です。これはテレビ欄などで困るのですが、テレビ欄については下のアプリを使えば大丈夫なので、我慢しています。

テレBing番組表
カテゴリ: エンターテインメント, ソーシャルネットワーキング

そして、『フジサンケイビジネスアイ』と『産経新聞号外』も配信されます。データを受信した後はモバイル回線が無いコンディションでも読めるため快適です。通常の朝刊データは毎朝午前5時過ぎに配信されている様子で、自宅でダウンロードしておき、外出先で快適に読んでいます。

先日の青色LEDの発明がノーベル物理学賞を受賞したニュースを伝える『号外』を見たときは、感慨深いものがありました!

産経新聞で読むニュース

次号更新のお知らせ

一つ前のエントリーでお知らせしたように、作家・プロブロガーである立花岳志さん主催のブログ合宿に参加しており、次の更新のテーマが未定です。

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら