「東大寺 正倉院」 第66回正倉院展を訪れるときに是非寄り道したいおすすめの場所

  • ブックマーク
  • Feedly

2014年10月24日から奈良国立美術館にて第66回 正倉院展が始まりました。

正倉院展を楽しむのと同時に、お勧めしたいポイントがあります。それは東大寺大仏殿の北にある「正倉院」です。あの高床式校倉造りの建物を見学できます。(写真は、正倉院 – Wikipediaより、引用させていただきました。ライセンスは CC 表示-継承。)

2014年10月25日から外構公開

2011年度から始まった修理事業のため、約3年ほどの期間、正倉院の外観を見学できませんでした。

修理が完了し、2014年10月25日 土曜日の午前10時から、外構の一般公開が再開されます。この正倉院 外構公開は事前の申し込みは不要で、無料です。

通常は、月曜日から金曜日まで(休日等を除く)午前10時から午後3時までです。

土曜日、日曜日、祝日の公開は正倉院展 開催期間のみ

「第66回正倉院展」開催中の10月25日(土)から平成26年11月12日(水)までは、通常では公開されない土曜日、日曜日、祝日でも一般公開となり、時間も延長されて午前10時から午後4時まで公開されています。

ですので、この機会にぜひ。はじめに東大寺と正倉院の外構を見学し、混雑のピークを過ぎた夕方から正倉院展を楽しむのがおすすめです。

  • 【2013年 第65回 正倉院展 】朝一番と夕方、どちらが混雑を避けれるか?同じ日に比べてみたら”夕方”がおすすめ! | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=18788

正倉院展の待ち時間についてはこちらのエントリーで説明しております。

  • 『第65回 正倉院展』混雑を避けたいあなたに!読売新聞さんのサイトで”混雑・待ち時間の状況”をチェックできます。さらにおすすめ情報もあります! | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=18621

ゆっくり散策すると、東大寺の北に位置する正倉院と展示会会場となる奈良国立博物館までは約30分の距離、秋の景色を堪能できます。

おすすめのアイテムがこちらです。

  • マルチモノキュラー 4×12 (Viexn) 単眼鏡で美術展を楽しむ 第66回正倉院展へ向けて購入 | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=24297

Feedly購読のおすすめ

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら