「FONTPLUS」日本語でもWebフォントを使いたい!しかも、9社 700書体以上から選べる。有料サービスを見つけた。

Fontplus日本語のWebフォントを使って、表現力あるブログを作れないか?試行錯誤していました。 日本語でも、サクサクと軽快なWebフォントを使うことが出来そうなサービスを見つけました。

簡単に使えそうなのですが、有料サービスなので、検討中のまま足踏みしています。Webページに使っている文字セットだけをダウンロードする仕組みがあり、通常の日本語Webフォントよりダウンロードサイズを小さくできる様子です。なお、上の画像は FONTPLUSさんのトップページのキャプチャです。ありがとうございます。

Webフォントを使いたいけれど

GoogleとAdobeが共同開発し、オープンソースライセンスで提供された 源ノ角ゴシックを、一時期使っていました。

  • GoogleとAdobeが産んだオープンソースフォント 源ノ角ゴシック(Source Han Sans)をWebフォントにしてWordPressで使ってみた | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=23464

ただ、フォントをダウンロードする分、サイトの表示が遅くなってしまう事で、断念しました。

  • 表示フォントを游ゴシック体を中心に変更しました。 | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=24496

Windows8.1と新しいMac OSX(Mavericks以降)で使える「游ゴシック体」をメインに指定しています。しかし、スマートフォンやタブレットでは「游ゴシック体」は表示でいません。iOSでサポートしてくれると嬉しいのですが。 そんな状況を解決できる方法が「Webフォント」です。

FONTPLUS

このサービスの特徴はこんな感じです。

表示サンプルはこちら

参考になったエントリーです。感謝。

ということなので、トライアルで実際に使って見ようかなと思っています。トライアルでは使えないけれど、こちらのフォントが気になります。

費用対効果も考えたいと思いつつ、気になっています。

関連エントリー

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら