Apple Watch を使って facebookの友人申請をスマートに

IMG 3049

Apple Watchを使い出して2週間ほど「そっと通知が腕を通して伝わる」ことで、大きなiPhone 6Plusを慌てて取り出すことがなくなりました。

いままで3度ほど、慌ててズボンのポケットからiPhone 6Plusを取り出そうとして落としている(幸い破損はしていないのですけど)ので、楽に感じます。

たくさんの人と会う予定でして

さて、明日 東京でかなり参加者さんが多いセミナーに参加予定でして、今回初めてのお会いする出会いにワクワクしています。名刺も用意していますが、足りるかなぁ?と。最近は、お会いした時に、facebookの友人申請を行うようにしています。後から、と思っていたら、、うっかり、時間が過ぎていたということも、なので。

IMG 3077

facebook QRコードが便利

そんな時に、facebookの役立つ機能が「QRコード」です。iPhone の facebookアプリを開き右下の「その他」アイコンをタップして開くメニューにある「QRコード」を使うと、自分のQRコードの表示も、読み取りのカメラ(スキャナーと表示)も起動します。

前座のお話が長くなりました。そこで、Apple WatchにてQRコードを表示してしまおうというのが今回のテーマです。

写真アプリを使う

QRコードを表示できそうなWatch対応アプリを見つけることはできませんでしたが、画像を表示すればOKです。極論、QRコードを印刷した紙を用意してもいいし、それをWatchに貼り付けても、です。他の機能が使えなくなりますが。

IMG 3068

「写真」を使って、QRコードを表示しました。前段取りとして、facebookアプリの「QRコード」にて、マイコードを表示してスクリーンキャプチャー(iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時押し)しておきます。そうそう、iPhone 6Plus のキャプチャー操作、やりにくいんですよね。

そして、Watchの写真で表示するには「アルバム」を指定する必要があります。初期設定ではお気に入りになっていると思いますが、QRコードをすぐに探せるように、今回は「QRコード」という専用のアルバムをiPhoneの写真アプリにて作りました。

IMG 3073

これをiPhoneのWatchアプリの「写真」で「同期されているアルバム」に設定します。これでiPhoneが近くになくても大丈夫です。Watch本体に QRコードの写真が保存されています。

IMG 3048
facebookで友人申請をお互いに行うタイミングに、Watchのデジタルクラウンを押して、写真アプリを起動して、QRコードの写真を表示させて、友人になってくれるであろう方の iPhone カメラを使い facebookアプリにて、QRコードを読み込んでもらいます。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら