Apple 2015年9月9日(日本時間9月10日午前2時)の発表会で気になるのは キーボードとMagic Trackpad

  • ブックマーク
  • Feedly

いよいよAppleの発表会

  • Apple Events – Special Event September 2015 – Apple → http://www.apple.com/apple-events/september-2015/

    新しいiPhoneのメモリが1GBなのか?2GBなのか?使っているiPhone 6Plusの日本語入力時のメモリ不足からのもっさりした動作には疲れているので、メモリが増えるのかどうかが気になるところですが、実はもっとワクワクして待っていることがあります。

親指シフトユーザーにとってキーボードはとても気になる

それはキーボードです。キーボードマニアだから、、というのもありますが、親指シフトユーザーだからです。MacBookに採用された新しい「バタフライ構造」キーボードとおなじ製品が登場するのか?に注目しています。

実際に親指シフトにてタイピングした体験がありまして

バタフライ構造の新型キーボードが気持ちいい

幸いなことに、このMacBookのバタフライ構造キーボードにて、親指シフト(orzレイアウト)のタイピングを5分ほど体験したとこがあります。キーストロークがないことで登場前は賛否両論でしたが、親指シフトの同時打鍵とはとても相性がよかったです。

従来のMacBookProなどのキーボードは、押し始めたときにわずかですが「ぐにゅ」と言いますか、キーを押しているけど、キーが動かない感覚があります。

外付けキーボードが気になる

新しいバタフライ構造のキーボードだと、この始めの「ぐにゅ」という感覚がなく、すぐにキーを押せる感覚です。しかし、間違って押してしまうような感覚もなく、キーを押す重さも指に疲労がかかるものではありませんでした。

このキーボードが外付けで使えるなら素晴らしい

親指と他の指4本で2つのキーを同時に押す動作があるのが、親指シフトです。この同時に押す動作と、キーストロークがほとんどないのに明確なキー入力ONの位置がわかるのが、このバタフライ構造キーボードです。

外付けでこのキーボードが選択できるなら、素晴らしい親指シフトタイピングの生活がやってきそうです。

Magic Trackpadも

同じくMacBookにて採用された「感圧タッチ」方式のMagic Trackpadも登場するのか?注目しています。いまの外付けMagic Trackpadは裏のゴム足の部分にあるスイッチにて押し込む動作を検出しています。

そのために、そこそこの力が必要なんですよね。かといってタッチだけでクリックにすると、間違ってクリックしてしまうことが多くありました。

感圧タッチ方式なら、この点もグッと改善されてくると予想しています。

参考エントリー

もうひとつエントリーを読んでいかれませんか?

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら