うふプリン 東京駅構内店 新幹線乗車 5分の時間で購入できるスィーツが素晴らしい

東京駅 構内でお土産選び

東京から大阪へ新幹線で移動する時に、東京駅で切符を手にしながら「あっ、お土産をどうしよう?」と、改札口の手前で思い出します。

もうちょっと段取りよく、事前に買っておけば良いのですが、なかなかそううまくいかない訳でして、新幹線の乗車待ち時間の5分を利用して、お土産を選んでいます。毎月、東京と大阪を往復しているおり、いつも同じものというのも興ざめです。そんな中、おお!というスィーツを見つけました。

卵そのままのプリン「うふプリン」

東京駅 構内の新幹線乗り換え中央改札の目の前にあったのが、キャトル 東京駅構内店さん。

IMG_1696

こちらの「うふプリン」が話題的にもおいしさも素晴らしいかったです。

なにより、見た目が卵そのものです。パッケージも卵の紙パッケージです。

IMG_1697

そして、プリンのケースになっているのが卵の殻です。

うふプリン

はじめはトッピングされた生クリームとプレーンなおいしさを楽しみ、最後は殻で隠れているカラメルの甘みと、見た目以上の変化が口で味わえました。

お値段も手頃

お値段も、4つのセットで760円とお手ごろな価格です。

賑わいが感じられるミックスセット(4個)は960円です。

うふプリン

東京駅限定パッケージもうれしい

東京駅の限定パッケージというものうれしい店です。東京駅がデザインされているとなんだか良いですよね。

保冷パックで3時間まで

通常のドライアイスでの持ち歩きは2時間までだそうですが、保冷パック(54円)をお願いすると、3時間の持ち歩きができます。

IMG_1693

これからは冬なので、東京から自宅まで持ち帰りも楽にできるシーズンになりますよね。

帰宅した後に、訪問のお土産に、笑顔が広がるスィーツのご紹介でした。

TOKYO SWEETS(トーキョースイーツ (エイムック 1939)
エイ出版社
売り上げランキング: 1,027,739
とっておきのカフェスイーツ (エイムック 2182)
エイ出版社 (2011-04-26)
売り上げランキング: 736,740

もう一つ読んでいかれませんか?

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら