iPhone 6Plus 画面保護フィルムなしで1年です。その理由と気をつけているいくつかのこと

  • ブックマーク
  • Feedly

去年(2014年9月)に大阪の日本橋でiPhone 6Plusを購入して一年以上経ちました。「s」の新型が欲しいのですが、まだ、買ってません。小さな新型が出るかも?という噂もあり、様子を伺っています。

そんな感じで、1年以上、iPhone 6Plusを使っています。画面の保護フィルムもしくはガラスは無しです。

「6」になって画面の端が曲線になっていてデザイン的にというのもありますが、それよりもiPhone 6Plusの広い画面を指先でスムースに操作するには、保護フィルム・ガラスが無いほうがいいです。Retinaディスプレの美しさもそのまま楽しめます。

DSC00528

なるべく画面に傷を入れないように気をつけていることもあります。

まず、鞄の中にポイッと入れないようにしています。他の鞄の荷物に当たって傷が入らないようにきています。

じゃ、どうやってiPhone 6Plusを持ち歩いているの?というわけですが、ズボンのポケット、しかも、いつも右のポケットにいれています。右手が
利き手なので、すぐに操作しやすい右ポケットが定位置です。

その右ポケットには他の物は入れないルールにしています。ここでも、他の荷物と当たって傷が入らないようにしています。特に鍵と一緒にはしないようにしています。

胸ポケットも何度か試してみましたが、屈んだときに落としたことが、数回ありまして、やめました。

ケースはappleの純正ケースです。

見た目に比べて、コストパフォーマンスがどうなの?と、買うときに構えてしまうお値段ですが、よく出来ています。ヒヤッとしたことも数回あります。

腰の高さから落としたことも二回ほどありますが、このケースには傷が着きましたが、iPhone本体は無事でした。もちろん、単にラッキーだっただけかもですけれど。

余談ですが、コンセントに直接刺すモバイルバッテリー、気になっています。

Panasonic モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 5,000mAh ブラック QE-AL201-K
パナソニック (2014-10-31)
売り上げランキング: 958

もう一つ、エントリーを読んでいかれませんか?

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら