氷川キャンプ場(奥多摩)2泊3日 初心者 2日目 体験記 昼はカレー・夕食は焼肉を楽しむが、夜から雨の天候に

  • ブックマーク

朝5時15分にテントの中ではじめての起床。昨晩、途中 0時ごろに起きた後、ぐっすり寝ることができた。

まずは、焚き火を起こして、

ディカフェのコーヒー(普通のコーヒーは卒業したため)を飲みたく、スノーピークのケトル No.1を使って、お湯を沸かす。

その後、朝ごはんのため、メスティンで炊飯しつつ、目玉焼きとウィンナーを焼く。アルミハンドルを買っておいて大正解だった。

焚き火でメスティンは、はじめてだった。時間を計らずに炊飯したので、横から出てくる湯気が止まったら、メスティンをひっくり返して蒸らしたところ、ビンゴだった。(ビギナーズラック?)

時間も気にせず、のんびりと朝ごはんを楽しむ。(7時になっていた)

9時30分ぐらいにキャンプ場の売店へ。

焚き火の薪を仕入れる。今晩は、ゆっくりと焚き火を楽しもうと。(夜に雨が降ることを全く知らない)

しかも、樫(カシ)の木を買ってきた。火はつきにくいが、長い時間楽しめるとのこと。1,200円

いい天気で気持ちいい。

周りのテントはどんどん撤収作業になっているのを見て、2泊3日はこんなにノンビリできるのか!と、ゆったりした時間を満喫。

11時を過ぎたので、売店からカレーセットを受け取って、調理をスタート。

ピーラーを持ってくるのを忘れたので、包丁でジャガイモの皮を剥く。間違って手を切らないように注意して。

1時間ほどで完成。美味しい。

テントの中で、ゆったり過ごす。

昼の時間に、iPhoneでブログ記事を。書いたのが、今回のキャンプに用意した持ち物リスト

午後3時になったので、奥多摩駅まで散策へ。

肉屋さんを発見。

キャンプ場の坂を何度も登ったり、降ったり。いい運動に。

夕方の5時になったので、夕食の段取りをスタート。

お肉が焼けた、、というタイミングで、ポツリぽりつと、雨が降ってきた。

焼きそばを作る手前で、一旦、テントの中に避難。30分ぐらい雨が降り、止んだので、素早く、焼きそばを作る。食べ終わったタイミングで、また雨が。

iPhoneで、雨雲レーダーを何度も確認。

焚き火を楽しもうと思ったのに、、。

薪は雨で濡れないように、アルミホイルを持っていたので、それで覆っておいた。

20時ぐらいに、雨が止んだので、焚き火を楽しみつつ、焼きおにぎりを。

昼の売店で、線香花火を買っていたのだけども、雨が止んだタイミングで、線香花火を楽しむ。

雨が止んだタイミングで撮った写真の雰囲気が素敵だった。

真夜中にかけて、雨足が増して来たので、23時ごろに就寝。

1日目はこちら

3日目はこちら

今回のキャンプに持ってきた持ち物リストはこちら

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役