WordPressログイン画面のスタイルシートをアクションフック login_headを使ってカスタマイズ

アクションフック login_head

WordPressのログイン画面 スタイルシート(CSS)をカスタマイズする方法です。

アクションフックのlogin_headを使って、ログイン画面が表示されるタイミングでスタイルシートを追加読み込みします。

コードはプラグイン化し、追加読み込みするコードもプラグインディレクトリの下 assetsディレクトリの中に admin.css として配置しています。

プラグインのディレクトリ位置はplugin_dir_url( FILE )にて取得しています。

これで、ログイン画面の配色などを自由に変更できます。

記事公開後の追記

記事を公開したことで「こんなやり方もあるよ!」と教えていただきました。感謝です。

教えていただいた詳細はこちらのコメント欄をご覧ください。

参考リンク

参考になった記事はこちらです。感謝です。

プラグインのコード

[code]
<?php
/*
Plugin Name: login custom mono96
Plugin URI: http://https://mono96.jp/
Description: ログイン画面 CSS カスタム(プラグイン同梱 assetsディレクトリの admin.css をカスタマイズ)
Version: 0.
Author: mono96
Author URI: http://https://mono96.jp/
License: GPL V2
*/

function admin_css() {
echo ‘<link rel="stylesheet" type="text/css" href="’.plugin_dir_url( FILE ).’assets/admin.css">’;
echo "\n";
}
add_action(‘login_head’, ‘admin_css’);

?>
[/code]

[amazonjs asin=”4797373520″ locale=”JP” title=”サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル”]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら