フリーランスの道具箱

ナチューラ ヌメ革 キーケース(土屋鞄製造所)シンプルなデザインに一目惚れ!東京 新丸ビルにて購入

一目惚れで購入

東京駅すぐの新丸ビルの4階にある土屋鞄製造所さんにふらっと立ち寄ったときに、一目惚れで購入してしまったのが、こちらのキーケースです。

シンプルなデザイン、しっかりした皮の手触り、納得の価格でした。

広告

「キーケース」が必要な生活が始まったタイミングに

鍵をポケットや鞄にそのまま入れると、鍵の金属部分、しかも鍵なので尖っている部分が、ポケットや鞄に入れている他の物に傷をつけてしまったりします。

東京に拠点を構えての新生活が始まったタイミングに、なんとなく「キーケース」が必要なんじゃないかなぁと感じていました。そんなタイミングで、ばったり出会ってしまったのです。

機能美を感じるシンプルなデザイン

スタッフさんにお声を掛けて、一目惚れの出会いとなった皮のキーケースを手に取ると(あくまで主観ですが)安心感のある皮でした。

そしてデザインに一目惚れです。機能に必要となる部分以外は、余分な飾るデザインはなく、スッキリしたデザインです。

必要十分な収納力

キーケース内側にある鍵のリングは4つあり、自分の場合は必要十分な収納力です。

一番明るい色を選びました

スタッフさんに相談すると「使っていくうち(エージングが進む)に皮の色合いが濃くなっていきます」このように教えて頂きまして、設定されている3つの色(ブラウン・オーク・チョコ)の中から一番明るいオーク色を選びました。

価格は5,000円(税込み・購入当時 2016年2月の金額)でした。

お店のカウンターにて「購入します」と、スタッフさんにお願いすると、丁寧な言葉のスタッフから「皮の製品なので一点づつ、微妙に色が異なりますから、このお店にある2つの在庫を見比べていただきお選びください」と案内していただきました。

長い付き合いを楽しめそうです

2つの製品を見比べると、確かに色合いが異なりまして、直感で選びました。長い付き合いとなるシンプルなデザインの相棒に一目惚れで出会えました。

この記事は合計 シェアされています!

はてブ・ツイート・シェアなどは大歓迎です。こちらのボタンからどうぞ。

記事を読まれたご感想やご意見をコメントにて教えてください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事を書いた人 :
ものくろ(大東 信仁)

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

講座 開催スケジュールはこちら
メールマガジンも発行中!
ものくろキャンプ スタッフ通信を確実にあなたへお届けします。
お読みいただきありがとうごさいます

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。また読みに来てくださいね。

お役に立てたことがあれば、ソーシャルメディアへシェアしていただけると、今後の励みとなります。

SNSでフォローする
関連記事
No articles