SSL(https)化した時に個別記事ページのCSSが適応されずレイアウトが崩れるトラブルの解決法-WordPressさくらインターネットの事例-

WordPressで構築したブログをSSLへ対応し、httpsに移行した時に、トップページは問題なく表示されるのに、個別の記事では「CSS(スタイルシート)が適応されずレイアウトが崩れる」トラブルと出会った場合の解決方法です。

トラブル発生の環境

さくらインターネットさんのラピッドSSLを契約して、SSL(https)接続にてWordPressサイトを動作させた場合に、下の解決方法の設定を行わないと、CSSのパスが「http」となります。

解決するには

wp-config.phpに下のコードを追記します。

これで解決できます。

どうしてこんなことが起きるのか?

さくらインターネットさんのレンタルサーバーの仕様のため、ラピッドSSLの場合は、SSLでの接続であることを明示していない場合は、WordPressがSSL接続と判定せずに、http接続と判断してしまい、その結果、CSSのアドレスが http:// となり、CSSが適応されない(レイアウト崩れの)トラブルが発生します。

解決に役立った参考記事

解決するのに役立った参考記事はこちらです。感謝、ありがとうございます。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら