【きしめん】JR名古屋駅 在来線 7番・8番線ホーム 住よしさんは、揚げたての熱々を味わえる

スーツケースを持ち上げつつ階段を登り、7番・8番ホームへ向かうと、中津川行き快速列車の発車ベルが鳴なり、列車が動き出しました。

名古屋駅中央線ホーム

そのあと、ちょっと人が少なくなったホームの広小路口(南通路)側へ、歩きます。

名古屋駅

金山駅方面のホーム端が見えはじめると、視界に飛び込んで来るのが「オレンジと緑に名代きしめん」の看板です。

お店の外にある券売機、そしてその斜め上に貼られている「当店の天ぷらは揚げたてを提供させていただいております。」の力強い文字がお目当です。

券売機

揚げたての案内

そう、新幹線ホームにも住よしさんのきしめんはありますが、こちらに来ると「揚げたて」のかき揚げきしめんを味わうことができます。新幹線の予定を30分遅くして立ち寄りました。

「ピピーピピー」とお釣りを知らせる券売機から、お店の扉を開けて、カウンターに進むと、「きしめん?そば?どちらにしますか?」と、間髪入れずに尋ねられます。お一人でこのお店を切り盛りされている様子でお忙しそうです。

「かき揚げきしめん」に加えて、贅沢にも「串カツ(2本)」の食券をカウンターへ、すっと差し出しました。

食券

すると「串カツは5分かかるけど大丈夫?」と確認されます。心の中で、ガッツポーズです。新幹線の指定席を予約した列車への接続時間を多めの30分にしていて良かったと。

揚げたての「かき揚げきしめん」から、頂きます。かき揚げの上で鰹節がゆったりと揺れています。見るからに熱々な雰囲気です。箸でかき揚げを一口サイズに。

かき揚げきしめん

エビのかき揚げを口へ運びます。噛むと玉ねぎの旨みが揚げたての食感と一緒に伝わってきます。

次に、きしめんと一緒に。鰹出汁とかき揚げのハーモニーに、きしめんをツルツルと、食感がたまりません。美味しい。

そのうちに、串カツが登場です。

串カツ

こちらはもっと熱々でした。ソースをさっとかけて串カツをパクっ、アチアチと。串カツはキャベツとトマトも。

19時30分ごろでしたが、7番・8番線ホームにあるこのお店はそれほど混雑もなく、美味しいきしめんに舌鼓を打たせて頂きました。ごちそうさまです。

あっ、串カツに心を奪われて、かき揚げきしめんに卵をトッピングするのを忘れました。これは次回の楽しみにとっておきます。

価格は以下の通りでした。
(記事執筆の2016年10月現在)

  • かき揚げきしめん 520円
  • 串カツ(2本) 240円

img_1388

営業時間は 7時から21時30分です。

営業時間

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら