Googleアドセンスを外してみたら直帰率が改善したかもしれない(2017年10月9日)

2017年10月8日に、WordPressテーマ(外観)をSnow Monkeyへ変更し、記事レイアウトをシングルカラムに変更しました。

読みやすさを優先して、1行38文字のレイアウトにしたところ、結果的にPCのコンテンツ領域の幅が602pxになりました。

この幅だと、Googleアドセンスのレクタングルの大きな広告ユニットを2つ横に並べるレイアウトが難しく、どうしようか?と考えて、Googleアドセンスの記事途中にあった広告ユニットと記事下の広告ユニットを外しました。

すると、私自身が「あれ?この方が読みやすいぞ」と気づいてしまいました。余計な情報(広告)がありませんから、スッキリしています。

しかも、ブログの表示速度を高速にしようとチューニングをしていますが、Googleアドセンスの広告は非同期なのですが、やっぱり表示を速くするには相性が悪く、遅くなる原因の一つです。

Googleアドセンスからの収益も貴重なのですが、そもそもとして、私のブログは、広告ユニットをクリックするユーザーさんは少ない傾向です。

それよりも大切なのが、ブログを読んでもらって笑顔になってもらい、信頼を感じていただき、ものくろキャンプへご参加・ご依頼していただけることの方が、大切です。

そう、気づいていたのですが、収益の一つを止める勇気がたりませんでした。

「個人メディアであるブログの立ち上げとサポートのプロフェッショナルとして、知識、技術、心の両面から支援する」

このミッションを実現するために、今回、Googleアドセンスを廃止してみました。

そして、ほぼ1日経過したのですが、アクセス解析のGoogleアナリティクスのデータを確認したところ、直帰率が改善しています。比較すると、8%も改善しています。

今まで、色々とトライしてもピクリとも改善しなかった直帰率が改善傾向になりました。

「リンクは奪い合いである」ことを、痛感しました。

今後の経過をチェックしていきます。

なお、Amazonアソシエイトは書籍などの紹介に今後も利用しています。当ブログではアドセンスを廃止しますが、アドセンスに関するサポートは行えるように、今後も情報収拾は継続していきます。

今日のピックアップ記事はこちら