Facebookにブログをシェアするときはどうするのが良いのか

Facebookに、ブログのURLを含むポストすると、通常のFacebook投稿よりも表示が間引かれます。

いわゆるリーチが減ります。どうやら、Facebookのウォール表示アルゴリズム(ルール)で、URLを含む投稿は、表示が減ります。

個人的な感覚ですが、通常の投稿と比べると、3分の1から4分の1ぐらいしか表示されないように感じます。

そこで、よく見かけるのが、「URLを投稿に含むとリーチが減るから、コメント欄にURLを貼る」というテクニックです 。

が、しかし、読み手の立場で、このコメント欄のURLはどう表示されるのか?確認していますか?

そのURLを書き込んだコメント欄ですが、表示するには、ワンクリックしないと見えないように閉じられてしまっています。

結局、一緒なんです。

どちらかといえば、コメント欄の方がURLのクリック率は低いとも言われいます。

理由は、コメント欄をクリック(タップ)して、ワザワザ開くのが面倒だからなのです。

もう一つ、コメント欄のURLは弱点があります。

読んだ人が「おおっこれはいい記事だ、他の人にも伝えたい」とシェアしてくれたときに、コメント欄は、シェアされないのです。

表示が減らされるけど、そのまま投稿にURLを貼り付ける方が、結局いい結果を生み出します。

それと、投稿に画像を貼り付けたら、URLを配置しても、画像投稿と判定されるので、このアルゴリズムと無関係(表示が間引かれない)になるというテクニックもあります。

はい、これ、4年前に、ものくろキャンプのスタッフ通信で、色々とさゆりさんがテストして、この法則を見つけています。

しかし、画像を配置すると、画像をクリックしても、記事へ移動できません。URLを貼り付けてOGP(記事のサムネイル)が表示されていると、画像をクリックすると、記事へ移動できます。

なので、画像を貼り付けるテクニックも、記事を読んでもらうという観点からですと、イマイチなのです。

テクニックを盲信するのではなく、色々とテストして試すのが大切です。

この記事を書くきっかけとなったFacebookの投稿はこちら。

FacebookにURLを投稿すると、間引かれるから、コメント欄にURLを貼るというテクニックですが、コメント欄をよく見てください「コメント欄、閉じられていませんか?」結局、一緒なんです。どちらかといえば、コメント欄の方がクリ…

大東 信仁さんの投稿 2018年12月18日火曜日

Facebookメッセージで突然、英語で「動画を見て」というものが届いたら、それは、スパムウィルスです。絶対にクリックしないで。詳しくはこちら。

講座 開催予定

この記事を書いた人