『フォーム ドピオ エスプレッソ』 スターバックス 数量限定でなく、いつでも楽しみたい一杯が登場

  • ブックマーク

スターバックスでの楽しみが増えて、喜んでいます。

2013年10月1日からの新メニューです。

フォーム ドピオ エスプレッソ

濃厚で力強くそして繊細なエスプレッソが大好きです。小さなエスプレッソグラスできめ細かいクレマを味わいながらが、、いいんですよね。

新しいエスプレッソの仲間はどうなのか?さっそく頂きました。店内で味わってみました。今までと違う”専用のショットグラス”です。おしゃれです。小さなスターバックスのロゴもありますね。

エスプレッソとスチームミルク。それだけ。砂糖なしです。エスプレッソのみに比べると、ミルクの柔らかさがありますが、甘さゼロです。

”ドピオ”と名前にあります。スターバックスではエスプレッソのダブルショットを「ドピオ」といいます。

エスプレッソの基本単位はシングルショットで30 ccです。ダブルショットはシングルショット2つ、つまり、ドピオとは 30 + 30  = 60 ccのエスプレッソになります。

IMG 5133

これに同じぐらい(60 cc)のスチームミルクを加えた一杯が『フォーム ドピオ エスプレッソ』です。

「甘いラテがすきなの ♪」そんな好みの方には苦みが強いかなと感じます。濃いコーヒーが大好きな方におすすめですね。ものくろ は新しい発見を感じましたよ。

IMG 5134

この『フォーム ドピオ エスプレッソ』には”お菓子”つき。

IMG 5136

「アーモンド クロカント」というそうです。かなりしっかりした歯ごたえでした。正直 固い。アーモンドの甘さの味とミルクの柔らかさのあるエスプレッソとの相性はよかったです。

最後の一口。このドリンクの凄さを感じました。ミルクの泡に閉じ込められていたエスプレッソの香りが格別でした。ぜひ味わってください!

IMG 5138

お値段は390円。

エスプレッソ”は320円、ダブルショットにするにはプラス50円です。なので、”エスプレッソ ドピオ”は370円。プラス20円で『フォーム ドピオ エスプレッソ』なんです。

お得ですよね。

エスプレッソの「力強い」味わいとミルクとの出会い。疲れた気持ちを暖めてもらいました。特別なショットグラスの演出も嬉しかったです。

一つだけ。”数量限定で季節限定”なんです、このドリンク。ものくろが楽しんだ 八尾のアリオにあるスターバックスではバリスタさんに「一日 15杯限定!ですよー」と教えてもらいました。

さらに終了期間は定まっていないそうですが、時期をみて販売終了する方向らしいです。

ぜひ、レギュラーラインナップにしてください。スターバックス様。がんばって!沢山注文しますから。

IMG 5146

スターバックスの感動サービスの秘密
荒田 雅之
ぱる出版
売り上げランキング: 38,672

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から19時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト