メニューバーのスクリーンショット 簡単に撮れてファイル形式も自由。Mac OSX

風邪でアイスが食べたいおおひがしです。こんばんわ。

ソフトの使い方記事を作るのは好きなので、よく書きます。GUIは操作しやすいのですが、説明するときは大変です。

コマンドラインなら、コマンド通りでよろしくで良いのですが、どこをクリックするのかを文章で伝えるのは大変です。座標で書くともできません。

メニューバーのスクリーンキャプチャが欲しくなるのですが、Evernoteなどマウス操作でキャプチャする場合は撮れないので残念になります。

これを簡単に撮る方法があります。

shift + command  + 4

このショートカットを使います。

これは選択したウィンドウのキャプチャを撮るショートカットです。ウィンドウだけでなく、選択ダイアログも撮ることができます。

わかりやすい説明のエントリーがあります。ありがたいです。

Macブロガー必見!ダイアログボックスだけのスクショも取れるスクリーンキャプチャ機能の豆知識 | Fum’style

このテクニックは「メニューバーのメニュー」もキャプチャできます。別の操作をすると隠れてしまう恥ずかしがり屋のメニューをパパラッチすることができます。

Menu001

ここで「shift + command  + 4」を押すとマウスカーソルが、カメラになります。メニューの上で「スペースキー」を押すと、選択状態となって、青色でマスクされます。

そこでクリックすると、シャッター音が鳴りキャプチャできます。

キャプチャ画像

Menu002

影までハッキリ激写できます。

昔はこの方法を知らず、全画面キャプチャして、切り取っていました。もっと早く知っていればと思いました。

なお、全画面キャプチャは「shift + command  + 3」です。

このエントリーも画像がないと書くのが大変ですね。スクリーンキャプチャは大切ですね。

ファイル形式

png型式を自由に変更できます。ターミナルから設定できます。

Macのキャプチャ機能で撮れるスクリーンショットのファイル形式を変える方法 / Inforati

Jpegでないと、、の場合は使えるテクニックです。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する