スタートアップフォルダが見つからない!Vista & 7 のソフト登録方法。

Windows Vista & Windows7 にて、スタートアップにソフトを登録する方法の覚書です。

”スタートアップフォルダに、登録したいソフトのショートカットを貼り付け”する手順は、従来のwindowsXPと同じです。
違うのは、スタートアップフォルダのある場所が、大きく変わっいて、どこにあるの?ということです。

前段取りとして、
すべてのファイルとフォルダを表示するようにします。

コントロールパネルーデスクトップのカスタマイズーフォルダーオプションの中にある、”すべてのファイルとフォルダーを表示”を選び、普段隠れているフォルダも見えるようにします。

エクスプローラーにて、下のフォルダを開きます。
C:\ユーザー\”ログインユーザー名”\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ
ここにショートカットを置くと、スタートアップ時に実行されます。

ここから先は、脱線した記事です。(^^)

ここでRoamingという単語が出てきます。
意味は、よく携帯電話で使われるローミングです。
契約外の回線を、提携契約にて使うことですね。
でも、ここでなぜこれが使われているのか?わからないです。

よく見ると、Roaming, Local, LocalLowと3つ大事な設定格納フォルダがあります。
Local, LocalLowとって、分けているあたりがスマートじゃないよなーとおもいます。
Roamingとしたのも、開発中のブレというか、戸惑いがそのまま名前となって残った
のかもとおもいます。やっぱり名前って大事ですね。

ちょっと、理解すると。

Roaming
ネットワーク経由(ドメイン環境など)にて、ユーザー情報を他のPCに参照してもらう設定ファイルを格納

Local, LocalLow
ハードウェアに関連(依存)したり、ログイン、ログオフ時に大きすぎる設定ファイルを格納だそうです。

でも、LocalとLocalLowってなにが違うの?と疑問が残ります。調べると、書き込むプロセスの信頼性で使い分けているらしい。どういうことか?疑問がのこりますが、そういうことらしいです。

windowsってスマートじゃないですよね、洗練されていないと思う。

市場を独占したゆえに、いろいろなこういう時は?に準備して実装している。これはすごい
ことです。でも、ユーザーはシンプルなのがいいよねーと思っています。

OSXがスマートなのは、過去の技術を切り捨てている点や、スティーブジョブズが必要ないと言うとバッサリ切り捨てられている理念の見通しの良さと感じる。

これは、スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ IIで語られているので、ここでは深くは掘り下げませんが。

同じことが、スマートフォンのiphoneとandroidにて、起こりつつあると感じています。シェアをとることと、結果として支持されてシェアをとれることは、まったく違うのではと思います。

iphoneが優れているのか?androidが優れているのか?いや、全く違うのかもしれない?。スマートフォン戦争 (マイコミ新書) ではそれを知るきっかけを教えてくれたと思います。

windows!

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします