【Manfrotto ミニ三脚 PIXI】お洒落でコンパクト!いつでも持ち歩きたい三脚。

小型な三脚を探して出会ったのが『Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B』です。

コンパクトなのに、安定感のあるデザイン、しっかりした部分、自由に動く雲台(カメラ固定部)とあっこれだ!と感じて購入しました。到着したのでさっそく記事にしました。足を広げたところです。三脚ネジ部分の高さは13.5 cm。足と足の間は20 cmです。

DPP 1

MacBookAir 11インチの面積があれば、設置できます。重量も230 gとiPhone2つ分です。コンパクトです。

Manfroottoのロゴ。

DPP 3

聞きなれないメーカーかも知れません。イタリアの三脚メーカーです。

1960年代末にイタリア人のフォトリポーター、リノ・マンフロット(Lino Manfrotto )によって創業された。彼自らの体験をもとに作り出された、使いやすく安定性のあるスタジオ用品はプロの間で評判となり、自らのブランドによる製品ラインアップを作ることとなった。カメラ三脚の製造は、1974年に開始。

引用:マンフロット – Wikipedia

この三脚は4色のカラーが選べるのですが、赤と黒の組み合わせを選びました。もっと派手なのがお好みならピンクとグレーの組み合わせがあります。

PIXI ミニ三脚 – 三脚 – フォト | Manfrotto

デザインの美しさもグッドなんですよね。

DPP 2

カメラの三脚ネジ取り付け部。ゴムのシートが貼り付けてあります。心配りがうれしいです。カメラに取り付ける時は三脚自体を回転させます。

DPP 6

三脚の足の部分にもゴムが貼り付けてあります。すべり止め・傷防止になっています。

DPP 5

カメラの角度を調整する部分(雲台)です。左の出っ張っている”ピン”を押しながら、調整できます。これは動画で撮影していますので、そちらをご覧ください。

DPP 9

雲台固定部分には「細かな溝」が加工されており、このロック機構で固定されます。

DPP 8

写真の様に、たたんだ状態でも持ちやすいです。デジカメで動画を撮影するときに便利だよって、マニュアルに書いていました。ただ、ものくろ は動画撮影が得意なデジカメ持ってないんですよ。とほほ。

DPP 0

安定感もあってデザインもお洒落な三脚、1 kgまでのカメラなら問題なく使えます。ミラーレスクラスまでなら十分。旅行先にも持っていこうと思っています。

紹介動画も撮影しました。ぜひご覧ください。

自由雲台の動きがちょっと硬いですが、柔らかすぎるとカメラが不用意に動くかも知れないので、納得しています。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する