1Password Chrome機能拡張がうまく入力されないので、1Password X を使い始めたら良かった

Chromeの機能拡張を使って、1Passwordに保存したアカウントとパスワードを自動で入力していましたが、なぜか、2019年11月ぐらいから、うまく入力してくなくなって、不便でした。

その度に、手作業でコピーしたり。(なお、コピーするときに、こちらの技-シリアルペースト機能-を知っているとめっちゃ楽ですよ。)

これまで、使っていたのは、ブラウザ用 1PasswordのChrome機能拡張です。

環境は、

  • macOS Catalina 10.15.1
  • Chrome 78.0.3904.108

です。

この組み合わせで、パスワードが入力されないのです。

そこで、1Password X日本語に翻訳したURLはこちら)に、Chrome機能拡張を変更しました。

今までの機能拡張と違い、

右クリックしてメニューからアカウント情報を選ぶことなく、パスワード入力できる

  • ChromeとFirefoxのみ提供
  • ブラウザーのディフォルトパスワードマネージャに設定可能
  • 今後、アプリ版と統合されそうな予感
  • なお、Touch ID には未対応

ベータ版の1Password7 beta(Macのみ High Sierria10.13 以上が必要)を使うと、

  • Touch IDがサポートされる
  • アイテムを作成および編集
  • アカウントと設定を同期

Chrome・FireFoxからでき、アプリと統合された状態を一歩先に体験できます。

ただし、ベータ版なので、問題が起きても自力で解決できるチャレンジャーな方向けです。

1Password X を体験して、こんなに便利なら、もっと早くに、機能拡張を切り替えておけば良かったと後悔しています。

なので、1Password X を、ぜひ、使ってみてください。

手書きのパスワード管理ツールもたくさん出ているのですね。ですが、デジタルで管理する方がオススメです。

1Password 便利ですよ。

3年分のライセンスを購入するなら、ソースネクストさんの1Password 3年版が、公式より1,600円も節約できます。

はじめに紹介した、Macのコピペを楽チンにするテクニックはこちら。ぜひ、一緒に読んでください。

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。