7000円台の予算でカメラ一式とMacBooKPro13インチが入る!マンフロットカメラバック MB SM390-5BB

いままで愛用していたカメラバックが壊れてしまったので、あたらしいカメラバックを探しました。カメラバックは種類が多くて、本当に自分に合うのを”探せば”見つかる反面、探すのが大変でした。

ネットで商品ページを見ても、どれくらいのアイテムが納められるのか?わかりにくいのです。特に、荷物を入れた後に『どのくらい』余裕があるのか?が把握できないんですよね。

結局、大阪駅 目の前にある ヨドバシカメラ うめだへ、カメラ一式とMacBookPro13インチ(Retina)を持っていって、実際にあーでもないこーでもないと、探しました。

そうそう、ヨドバシカメラ うめだ はネットで注文した商品が24時間受け取りできて便利です。

条件

  • ミラーレスカメラ NEX-5Tとレンズ(Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)が安心しして持ち運べる
  • MacBookPro13インチも一緒に収納できる
  • いざいざとなれば、canon EOS 40D(縦位置グリップあり)とズームレンズ (シグマ 17-70mm F2.8-4)も入ると嬉しい
  • 予算が一万円以内

加えて

  • 東京に一週間ぐらい出張する時はキャリーバックとの組み合わせなので、カメラ一式とMacだけでなく、財布・スマートフォンなど、細々したものが収納できる
  • キャリーバックのハンドルに引っ掛けて、上に取り付けできる

そんな、わがままに答えてくれる製品を見つけました。

Manfrotto メッセンジャーバッグ MB SM390-5BB

おしゃれな三脚が人気のマンフロットの製品です。

[ss url=”http://www.manfrotto.jp/unica-v-messenger-black-MBSM390-5BB” width=”160″ class=”alignleft” title=”ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒 MB SM390-5BB – Stile | Manfrotto” caption=”” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒 MB SM390-5BB – Stile | Manfrotto”]

ちょっと大きめサイズのショルダータイプ カメラバックです。

製品タグにあるイラストです。

マンフロットカメラバック

一眼レフデジカメ一式とノートパソコンがメイン収納部に納まり、手前のポケット部分にケーブル・記録メディア・スマートフォン・手帳や財布という小物が収納できます。

小物を入れる手前のポケットはファスナーで閉じれます。

この鞄の特徴はメイン収納部分を覆うカバー部分中央にファスナーがあって、すぐにカメラが取り出せる仕組みになっています。

メイン収納部分です。一眼レフカメラ一式を余裕で納められるスペースがあります。

マンフロットカメラバック

MacBookPro13インチRetinaを入れても、この余裕!頼もしいです。

MacBooKPro13インチが入るマンフロットカメラバック

底が2重になっています。上げ底になっていて、下の部分には横から”出し入れ”できます。三脚を収納する設計のようです。三脚だけでなく、モバイルバッテリーACアダプターなど、使い道がたくさんありそうです。

このカメラバックがいい!と思ったポイントです。

底が二重になっていて三脚が入る

鞄のバックル部分はアルミ製、マンフロットのロゴがおしゃれです。

マンフロットカメラバック バックル

Manfrotto メッセンジャーバッグ STILE 8.4L 三脚装着可能 PCスペース有 ブラック MB SM390-5BB
Manfrotto メッセンジャーバッグ STILE 8.4L 三脚装着可能 PCスペース有 ブラック MB SM390-5BB

posted with amazlet at 14.07.19
マンフロット (2011-02-23)
売り上げランキング: 54,456

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する