Intel SSD 520 240GB ベンチマーク MacBookPro | Read爆速 Writeは..

MacBookProのSSDがもうすぐ丸々2年になるし、人並みに酷使?ということもあって、値上がりしたタイミングで買いました。あーもっとタイミング見極めたらって、思うのですが、なにかと鈍感(特に女性関係!)なのが得意でして....脱線しました。

早速ベンチマーク(Disk Speed Test)です。

Intel SSD 520 240GB 茶箱

導入したのは Intel SSD 520 240GB 茶箱 ( SSDSC2CW240A310 ) バルク品です。

インテル® Solid-State Drive 520 シリーズ: もたつき感なし

Read 550 MB/s / Write 520 MB/s モデルです。335(Read 500 / Write 450 MB/s)と迷ったのですが、ランダムアクセスの性能が良いらしく、保証期間が5年ということ。価格が大きく違うのは性能が違うと判断しました。

ベンチマーク

Disk Speed Testです。MountainLionクリーンインストール状態で計測しています。MacBookPro 13インチ 2011 Early (core i7)です。

Blackmagic Disk Speed Test App
カテゴリ: ビデオ
価格: 無料

結果は下の通りです。

benc002

Read 473MB/s  Write 285MB/s です。 読み込みは公称スペックから考えると良いスコアです。書き込みは300台だとうれしかったのが本音です。いや、凄く速いと思います。この速度で安定していますから。あっSATAは6GBですよ。

bench001

体感速度

数字でなく体感速度は「速い!」これに尽きます。文句なしです。価格は高かったけど、大満足ですよ。

コストパフォーマンスがいい520

えっ335が良いに決まっている!というのが世の中のご意見です。否定するつもりはございません。ちょっと違う角度から見てみます。

保証期間を考えて割り算すると、520が約4400円 / 年、335が約5560円 / 年(2013年3月3日 ひな祭り相場より)。520はマウントとケーブルとキレイな箱がないバルク品、335はリテール品なのも価格差になっています。335はなんでバルク品が、以下略。

こんな長い間使うの?ですが、保証期間が長いのはメモリが良い感じで頑張ってくれる期間がながいと理解できます。トータルのコストパフォーマンスは520のほうが良い!。今のところの結論です。

同じ環境での335のベンチマークを探して比べたいです(335は試している人が多いはず?)。見つけたら、エントリーします。

もっと使い込んで行かないと、本当の実力が分からないかもしれません。ランダムアクセスの速さが売りですから、ただしこのベンチマークの性能は間違いなくあるなと思います。

日本橋よりAmazonが

たまにヨドバシさんのポイント還元含みだと、お得なことがあります。こちらも要チェックかと
ヨドバシ.com – ヨドバシカメラの公式通販サイト【全品無料配達】

講座 開催予定

この記事を書いた人