カルディアミニ ティアラ

カルディアミニ ティアラ

単焦点の35mmフィルムカメラ。焦点距離は28mm。とてもコンパクトなアルミのボディ。広角スナップに最適なカメラでした。レンズの描写性能は非常に高く、また、富士フィルムのリバーサルフィルム・ベルビアの鮮やかな色彩を再現する描写でした。

このカメラで撮影した白黒フィルムから、全紙に引き伸ばしても美しい描写でした。このことが大変印象に残るカメラでした。

また、ワンタッチローディングで、ポンとフィルムを入れる機構が独特でした。

一つだけ欠点は、シャッタータイムラグが大きなカメラでした。
独特のタイムラグを持っていて、慣れるまでは違和感を感じます。慣れると、それで問題無いのですが。原因は、シャッターレリーズを切ってから、カメラが測距開始、ピント調整、合焦、シャッター、撮影と、多くの行程を行うためだったらしいです。

永く付き合って行こうと、私は考えていました。しかし、使い出して1年ほど過ぎた所で、胸ポケットにいれていました。(タバコの箱サイズでしたから。)写真部の部室の前で、胸ポケットから水洗している大きな水バケツに、このカメラがスルリと、、、落としてしまいました。

ショックでした。

そして、2度と動かなくなりました。後にも先にも、カメラを水没させた経験は1度だけです(今のところですが)。

・素晴らしい描写とコンパクトな単焦点の携帯に優れたカメラ。
・水没させたカメラ。

と、とても印象に残っています。それと、買い直したかったですが、お金がなくて買い直せなかったですね。

そこそこ、売れたようで、この後2倍ズーム機能が追加された機種も出ました。
カルディア ミニ ティアラズーム

このカメラが、デジカメで復刻してくれないかと思っています。
作って富士フィルムさん。単焦点のコンパクトデジカメの機種が
少な過ぎますよね。
今の各メーカーさんのラインナップ。選ぶ余裕無いので、寂しいです。

参考:FUJIFILM TIARAII

講座 開催予定

この記事を書いた人