【iPhone】Keynote Remoteの接続設定 紹介!2台のiPhoneでプレゼンテーションをやって注目を集める方法!

プレゼンテーション。パソコンの前に座って話すより、離れてスクリーンの前で立って話すのが好きです。特にプレゼンテーション中にスクリーンを横切ります。意識的に。ある意味,邪魔です。でも注目してもらえるんですよ。

そんな時に便利なのが2台のiPhoneを使ったKeynoteとRemoteアプリの組み合わせです。iPhoneでプレゼンテーション?って、つかみはOK!

Remoteの接続方法を紹介します。離れた場所からKeynoteを操作できる、Remote。Wifiかbluetoothのどちらかが自動で選択されて繋がります。

今までの経験では、発表会場ではWifiが混雑していてうまくいかない事が多かったです。WifiをOffにしてbluetoothで接続するようにしています。

プロジェクターに接続しているiPhoneのKeynoteを起動します。

Keynote

1,000円
(2013.10.29時点)
posted with ポチレバ

プレゼンテーションを行うファイルを開きます。

右上にある『スパナ』をタップします。

IMG 0776

『プレゼンテーションツール』をタップします。

IMG 0777

『Remote』 をタップします。

IMG 0778

ここで、操作する方のiPhoneから操作します。Remoteを起動します。

Remote

無料
(2013.10.29時点)
posted with ポチレバ

『Keynoteにリンク』をタップします。

IMG 3292

『新規 keynote リンク…』をタップします。

IMG 3293

パスコードが表示されます。

IMG 3294

このパスコードをプロジェクターに接続しているiPhoneに入力します。先ほどの操作を行った後なら、パスコード入力画面は自動で表示去れていると思います。

パスコードの入力が完了すると『リンクしました。』と表示されます。

IMG 0782

これでKeynoteとリンク完了しました。

IMG 3296

スライドショーを開始して、想いを皆さんに伝えてください。

TEDトーク 世界最高のプレゼン術
ジェレミー・ドノバン
新潮社
売り上げランキング: 90