【Mac OSX mavericks】SSD換装の改造ではTrimサポートがOFF!”Trim Enabler 3.0”を導入しよう

MacBookPro13インチを使っています。元々はHDDモデルですが、自分でSSDに交換しています。

mavericksをクリーンインストールしました。換装したSSDでは、OSの”Trim機能”が無効になるので、これを有効にする方法のメモです。TRIM とは?

TRIM とは、ATA プロトコルの Data Set Management 命令の属性の 1 つです。

この命令を使用すると、オペレーティング・システムはソリッド・ステート・ドライブに対し、内部で完全に消去しても構わない、必要のないデータブロック (削除済みファイルなど) を通知できます。この機能によって、ドライブの互換性、耐久性、パフォーマンスが向上します。

インテル® ハイパフォーマンス Solid-State Drive — TRIM の利点および SSD での使用方法

なんか難しいことを書いてあります。書き込み速度が遅くならないようにするのと、SSDの寿命を保ってくれる機能です。これはオンにしておきたいです。

純正のSSDの場合は標準で機能しています。

スクリーンショット 2013 11 03 0 10 39

メニューの「このMacについて」を開き、「詳しい情報」、「システムレポート」を開きます。

SATAの項目を開くと確認できます。TRIMは残念ながら『オフ』です。

スクリーンショット 2013 11 02 23 58 11

こちらのサイトから『Trim Enabler 3.0』をダウンロードし、インストールします。

Trim Enabler 3.0 , groths.org

インストール後に『On』にし再起動すると、Trimが機能します。

スクリーンショット 2013 11 03 0 06 54

TRIMサポートが『はい』であれば、設定完了です。

スクリーンショット 2013 11 03 0 11 40

なお、mavericksの場合、Trim Enablerは”version 3.0”でないとトラブルが発生すようです。注意してください。

groths.org

この記事を書いた人