【ドロップインで使える】コワーキングスペース7FさんにてScanSnapを借りて使ったら凄く助かった。

東京に長期滞在する時、紙資料をスキャンしたい ものくろ です。滞在中に開催したワークショップのアンケートや会場の資料など、予想より紙資料が増えます。

スキャンして、デジタルデータに、出来ればEvernoteに保存しておきたいわけです。

スキャナを持ち運べば良いのですが、鞄にはたこ焼きHappy Hacking Keyboardを入れて持ち歩いているので、入らないんです。なぜ、キーボードを持ち歩くのか?は上のリンク先にて、東京大学 名誉教授 和田英一先生の熱い言葉がありますので、ぜひお読みください。

貸し出し用品がびっくりするぐらい豊富

親指シフト体験会を開催した 埼玉 大宮 コワーキング7F さんは貸し出し用品が豊富なんです。整体もしてもらいましたし。

たとえば、購入すると一個5,000円を超える高額なappleのディスプレーアダプターもガラガラっとたくさんあります。

IMG 4516

ScanSnap S1500

コワーキングスペース利用者は無料で使える貸し出し品の棚を見ていると、ScanSnap S1500 が無造作に置いてあります。さっそくお借りしました。

IMG 4565

ものくろ は自宅で同じScanSnap S1500を使っています。なので、手元にあるMacBookAirには、ドライバーはインストール済なので、USBを繋ぐのみです。

なお、ScanSnap S1500はWindows専用モデルとありますが、付属のソフトウェアが使えませんが、スキャンしてEvernoteに保存するなら問題なく使うことができます。

本当に便利で助かりました。ありがとうございます。

自宅と同じ動作音を聞きながら作業していると、自分がどこに居るのか?分からなくなりました。

IMG 4566

コワーキングスペース7Fさん、WordPressでわからないことがあれば相談できますし!おすすめです。

この記事を書いた人