au新規契約の不思議。携帯電話持ち込んだ方が、高い基本料金になる。

携帯本体を持ち込むより、新規契約0円携帯の方がかなりお得。

auで指定通話定額サービスが使いたく新規契約した。指定通話定額とは、料金割引サービスで基本料金にプラス月額390円のオプション。

これを利用すれば、3件までのau携帯電話への国内通話料が24時間無料になる。とても親しい人がauユーザーなので、このサービスを使うためだけに回線を持つことにした。

どれくらいお得?

プランE 指定通話定額 その人と月に平均60分ー90分は話す。多いときは120分以上の通話時間になるときもある。プランEシンプルで換算すると、30秒/21円なので、60分で2520円。120分なら5040円の通話料金になる。

これがプランEシンプル(誰でも割 適応)と指定通話定額オプションで、1170円の固定料金となり、時間を気にせず通話できる。このメリットはとても大きい。プランZシンプルでも、au携帯への通話は無料じゃないか?となるがこちらは21時から25時(1時)までの通話は、無料通話の対象外となり、通話料が発生する。

指定通話定額オプションは24時間定額の通話となる。自分の場合は21時から23時に話すことが多い。なので、このEシンプルと指定通話定額オプションで、無料の通話し放題を実現することにした。

新規契約 古い携帯を持ち込めばお得なはず

ところが答えは、No!だった。

携帯会社にとって、携帯本体のコストを回収するのが大きな問題なので、古い使っていない機種を持ち込めば、一番お得に契約できると思っていた。ところが、調べるとauの場合びっくりする結果だった。

一番お得なのは、新規契約0円の機種で契約するのがお得になる。

びっくりである。 でもそうなのだ。

契約手数料がちょっと割高というような契約時のイニシャルコストが高くなるのでない。月額料金が高くなってしまう。料金プラン案内に「au携帯電話の持込みによるご契約の場合は、フルサポートコースのご利用となります。」と、小さく書かれているのだ。「はぃ?どうゆうこと?」だ。シンプルコース全ての料金プランが利用できない。

持ち込むとフルサポートプラン用料金プランしか選択できない 携帯電話を持込んだ場合は、フルサポートプラン用料金プランしか選択できず、一番低額なプランE(誰でも割適用)でも1620円の月額基本使用料となる。もちろん、指定通話定額のオプションは別に必要となる。

つまり、2010円の月額。差額が月に840円、年間で10080円高く負担しないといけない。 なぜ?と思ってしまうが、そういう料金プラン設定らしい。auショップでも確認したが、持ち込み携帯だとそうなってしまうと答えが返ってきた。

新規契約0円の機種で契約した。

一番お得に契約できれば良いので、新規契約0円の機種で契約した。 F-001がちょうど0円で契約できる機種だったので、それを選択した。通常、指定通話割引の契約は月ごとになり、申し込んでも翌月適用となる。

申し込んだ月は定額にならない。新規契約時のみ即日適応される。この点はありがたい。ただし、390円の利用料金はそのまま請求される。(日割り計算にならない。)

一番注意しないといけないのは、登録番号を間違って登録すること。オペレーターの人が入力間違いするかもしれないし、そのリスク回避のために、auショップも契約書で登録番号の確認を求められる。後から間違っていたは通用しないので、大丈夫だろうと構えずに、十二分に確認を行った。

いくら話しても定額

いつ話しても(もちろん指定した電話番号のみ)定額プランなので安心して通話を楽しんでいる。

ただ、初めての通話時には、5分以内(短い方が良い)に通話を終わらせた。これは登録した電話番号が指定番号の登録と間違いないか?確認するためだ。

翌日以降に、ホームページ料金案内の通話明細を確認して、指定通話で割引されているか必ず確認する。万が一、登録の電話番号の数字が一つでも違っていると、当然料金が請求される。

翌月に請求金額を見てびっくりしても遅いので、初めにしっかり確認することが大事だ。

講座 開催予定

この記事を書いた人