スターバックス アンケートレシート 答えると一杯無料 「スターバックス顧客体験調査」

コーヒーを楽しみながらブログを書くことは多い。上の本を読んだからではないけれど、グランデサイズの本日のアイスコーヒーを注文して会計を済ませた。そしたらレシートがいつもの倍ぐらい長いものに。

スタッフさんの反応も「おっ」という感じだ。何かと思っていたら、「アンケートのお願いです。これ初めてですか?」と聞かれた。どうやらラッキーなことになっている様子。 「初めて」と答えると「レシートのカスタマー番号でWebサイトからアンケートに答えていただくと、引替番号が表示されます。ここに記入していただくと、どのお店でも、どのドリンクでも一杯無料となります。もちろんサイズも自由です。」と案内された。

スタッフさんの説明だと「1日に2枚か3枚しかでない。めずらしいもの」だそうだ。スタッフさんがいうのだから、めずらしいのだろう。「一杯無料のチャンスに当たった」のだ、うれしい。

スターバックス顧客体験調査」というらしい。

このサイトからアンケートに答えるシステムの様子。進むには”お客様コード”が必要だ。これが先ほどのレシートに示されている。どこの店で、何を買ったのか、などのPOSデータと紐付いている番号だろうから、アンケート回答者の注文内容などはもともと把握している、これにアンケートデータを加える仕組みだろう。

MacのSafariでWebサイトに行くと、レイアウトが崩れているのがちょっと気になるが、問題になるほどでもない。ただ、スターバックスによく行っていると、AirMacやMacBookProを使っているお客さんが多く感じる。レイアウト崩れをスターバックスがいつ修正するのか?興味深い。 アンケートは5分ぐらいで答えられるものだった。特に答えにくかった内容ではなく、クリックして選ぶ質問がほとんどだった。詳しい内容をまとめてくれているサイトがあった。

スターバックスがこの調査データから、どんな「スターバックスで、すごす素敵な時間」を提案してくれるのか楽しみだ。 このスターバックス顧客体験調査、調べたら6月6日から始まったものらしい。


プレスリリース(2012/05/18) スターバックス カードの機能を強化 ~ 6月 6日から新しい顧客サービスプログラムを導入し、 より魅力的な“スターバックス体験”を提供 ~


あわせて、スターバックス カードの機能拡張が行われたらしい。ホームページから会員登録できる様子、カードを使って決済すると、そのカードの購入履歴やチャージ頻度などのデータを、スターバックスは活用できる。データを生かして、魅力あるスターバックスになってくれるとうれしい。 ホームページで、おいしいコーヒーをいれるコツを公開している。コーヒー好きなので大変参考になる。


この記事を書いた人