iPhoneで「あっやり直し」「取り消し」したいというときは「振る」動作でキャンセルできます

あっ!今の操作を取り消ししたい、やり直ししたい、iPhoneを使っているときに、便利な操作が「iPhoneを軽く振る」動作です。

Macの「Command+z」PCの「Ctrl+z」のショートカットキーと同じです。

iPhoneを振ると下のメニューが画面に登場します。

ここで右の「取り消し」を選ぶと、直近の操作をやり直しできます。

注意点としては、振る動作はそんなに強くしなくても大丈夫なことです。くれぐれもiPhoneを振った拍子に手から飛んで行かないように、注意してください。

この振ると取り消しできる操作は、正式には「シェイクで取り消し」機能と言います。

初期設定でONになっていますが、振っても取り消し出来ない場合は、機能がOFFになっているかもしれません。

機能の設定を確認するには、「設定アプリ」を開き、「一般」の中「アクセシビリティ」に進み、メニューの下に進んだところにある「シェイクで取り消し」の項目が オン になっているか?確認してください。

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

この記事を書いた人