WordPress RSSフィード【descriptionを110文字以上】の設定はWP Multibyte Patchプラグインのconfigファイル

  • ブックマーク

RSSフィードに出力されるdescriptionの文字数を増やしたいとの依頼から、WordPressのカスタマイズを行なった。

文字数を減らすのは、こちらのコードをfunctions.phpに追記することでOKだった。

add_filter( 'the_excerpt_rss', 'mytheme_the_excerpt_rss' );

function mytheme_the_excerpt_rss( $out ) {
	if ( mb_strlen( $out ) > 100 )
		$out = mb_substr( $out, 0, 100 ).'[...]';
	return $out;
}

(参考 : RSSフィードの抜粋をさらに抜粋 – WordPress私的マニュアル

しかし、文字数を増やそうとしても、110文字以上にならず、試行錯誤した。

なぜ110文字以上に増やすことができないのか?何か原因が他にあるのでは、そう考えて探して見つけたのがこちらの記事の「抜粋の文字数・文字列」の項目だ。

原因は、Multibyte Patchプラグインの設定だった。

「WP Multibyte Patch」の デフォルトでは文字数は110字。この設定が(抜粋の文字数)上書きします。

参考 : WordPress – RSS/Atomフィード カスタマイズ

WP Multibyte Patch プラグインのフォルダ内に、設定ファイルのサンプルが同梱されており、この設定ファイルを wp-content 直下に配置すると、プラグインの設定値を変更できる。

▼ 同梱されているサンプル設定ファイル

wp-content

plugins

wp-multibyte-patch

wpmp-config-sample-ja.php

このファイルをダウンロードする。

25行目のパラメータ「 110 」を変更する。

/**
 * 投稿抜粋の最大文字数
 *
 * この設定は the_excerpt() とその関連の抜粋系関数に適用されます。
 * この設定は $wpmp_conf['patch_wp_trim_excerpt'] が false の場合は無効となります。
 */
$wpmp_conf['excerpt_mblength'] = 110;

今回は、300に変更した。

$wpmp_conf['excerpt_mblength'] = 300; //変更後の抜粋文字数

wpmp-config-sample-ja.php のファイル名を wpmp-config.php にリネームした上で、wp-content フォルダ直下にアップロードする。

wp-content

wpmp-config.php

これで、WP Multibyte Patch プラグイン の設定値を変更でき、RSSフィードのdescriptionを300文字にカスタマイズ完了となった。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役