ブロックエディター(WordPress) 「更新に失敗しました」と保存できないときの対処は、パーマリンクをそのままで保存

  • ブックマーク

WordPressのブロックエディター(Gutenberg)で、記事を書いて「公開」や「更新」をクリックしても、

「更新に失敗しました」

とエラーが表示されて、保存できないトラブルが、とあるサイトで起きていました。

とあるサイトって、実は、株式会社あみだす のサイトなんですけどね。

ローカル環境で作って、Xserverに丸っとアップしたサイトでして、ローカルの時は、問題なく記事をブロックエディターで保存できていたのですが、サーバーにアップして公開してから、更新しようとすると、なぜか、

「更新に失敗しました」

となります。

REST API でトラブル

原因は、REST API の通信がうまくできていないことは、容易にわかるのですが、解決方法がわからない。

わからないまま、1年以上、経過していたのですが、本当に、どうしたら良いのか、、見当がつかず、だったのです。

REST API をチェックできるプラグインを知った

そんな時に見つけたのがこちらの記事。

【WordPress】ブロックエディターで保存に失敗するときの対処方法|ocean|note

この記事では、

  1. WordPressにログインし直す
  2. プラグインを最新版にする
  3. REST API をチェックする

の3つが紹介されています。その中で、1. と 2. は、なんども行って、でも、改善できず、、だったのですが、3. のREST API をチェック するプラグインは、新しい情報でした。

Health Check & Troubleshooting プラグイン

早速、Health Check & Troubleshooting プラグインをサイトにインストール・有効化。(記事の更新はトラブルのですが、プラグインのインストールは問題なくできるのです。)

REST API に問題あり。

とのことでした。

パーマリンクの設定がうまく反映されていないのでは

その時、閃きました。

ローカルからデータをアップロードして、サーバーに移したことで、パーマリンクの設定が、うまく反映されていないのでは?と。

実際、サイトのサーバーを引っ越ししたときにパーマリンク設定のトラブルは過去に体験しています。

パーマリンクの画面に行って、保存を押したら解決

設定 から パーマリンク を開き、そのまま(設定を変更せずに)、保存ボタンを押したら、

解決しました!

やっと、これで、会社のサイトのページをリニューアルできます。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

情報発信コンサルタント & カウンセラー / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / 株式会社 あみだす 代表取締役