再利用可能ブロック【WordPress】PHPコードで呼び出し テンプレートの中で出力する

  • ブックマーク

凄い。Gutenberg。

再利用可能ブロックを子テーマのテンプレートファイルで、PHPから呼び出す方法を見つけたのでメモ。

英語でググったら、ビンゴの情報が、公式フォーラムにあった。感謝です!

テンプレートファイル(例えば、single.phpなど)に、以下のコードを貼り付けると、再利用可能ブロックに登録したデータが出力される。

<?php
    // get reusable gutenberg block
$reuse_block = get_post( 123 ); //  123 is ID. reusable block page. ID from the URL.
$reuse_block_content = apply_filters( 'the_content', $reuse_block->post_content);
echo $reuse_block_content;
?>

ここの 123 は、ID番号だ。これは、再利用可能ブロックの管理ページを開き、編集画面に入ると、URLの中にIDがある。

例えば、企業のWEBサイトだと、全ページのフッター直前に、企業情報(お洒落なデザイン)で表示したいニーズが多い。

ウィジェットを使っても同じことはできる。しかし、ウィジェットではブロックエディタはまだ使えない。ウィジェットを使うとHTMLコードでガリガリ書くことになる。

一方、再利用可能ブロックだと、ブロックエディタで作ることができる。

このメリットは、WEBサイトを納入後、クライアントさんが「文章を少し変更したい」という場合に、HTMLを操作はやりたくない、となってしまうが、ブロックエディタだと、ビジュアルで確認できるので、マニュアルドキュメントを整備しておくことで、クライアントさん自身で変更が可能になる。

さらに、再利用可能ブロックは、JSONでバックアップもカンタンにできる。そのため、万が一、操作が間違った場合も、復旧が容易だ。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役