TeXShop・TeXworksのインストール方法 -Mac OSX Lion-

 TeXShop・TeXworksのインストール

  • TeXShopはMac OSX で動作するTeXエディタ・プレビューアーをそなえた統合環境ソフトウェア。
  • TeXworks はシンプルなTeXドキュメント作成の統合環境ソフトウェア。

インストール作業のメモを書いておく。美文書作成入門P.349からのインストール説明にもとづいている。そちらも参考にしてほしい。

TeXShopインストール

インストール

美文書作成入門に書かれているように、zip圧縮ファイルを解凍してアプリケーションフォルダにTeXShop.appをドラッグアンドドロップする。これでOK。

インストールは簡単だ。

環境設定

設定項目は以下の5つ。

  • エディタのフォント・文字エンコーディング
  • タイプセットコマンド設定
  • PATH設定
  • パーソナルスクリプト設定
  • コピーのフォーマット

順番に設定していく。メインメニューの[TeXShop]ー[環境設定]を開く。

エディタのフォント・文字エンコーディング

[書類]タブが開いていることを確認する。

[フォント]ー[設定]ボタンをクリックすると、下のウィンドウが開く。

Osakaレギュラー等倍(例えば)に設定する。

引き続き、文字エンコーディングの設定をする。

[エンコーディング]リストを開き「Unicode(UTF-8)」にする。

タイプセットコマンド設定

[タイプセット]タブを開く。

  • デフォルトのコマンドを「LaTeX」
  • デフォルトのスクリプトを「デフォルトのスクリプト」
  • Sync方式は「PDFを検索」

この3つを設定する。

PATH設定

[内部設定]タブを開く。

パス設定を2カ所変更する。

  • (pdf)TeX
    • /usr/local/texlive/p2009/bin/i386-apple-darwin10.3.0
  • Distiller(Ghostscript)
    • /usr/local/bibunsho/bin/i386-darwin
パーソナルスクリプト設定

[詳細]タブを開く。

パーソナルスクリプトの2つを変更する。

  • TeXプログラム
    • pdfptex
  • LaTeXプログラム
    • pdfplatex

pTeX拡張機能

  • utfパッケージ対応のチェックを入れる。

コピーのフォーマット

[コピー]タブを開く。

  • フォーマットを「PDF」に変更する。

 環境設定はできあがり。

動作確認

下に書いたTeXソースファイルをつかってコンパイルを行う。

PDFドキュメントが表示されれば環境設定はOK。

あとはTeXドキュメントを作成していき、マークアップコマンドを身につけて、”TeXニシャン”への扉をあけよう。

TeXworksインストール

インストール

美文書作成入門に書かれているように、zio圧縮ファイルを解凍してアプリケーションフォルダにTeXworks.appをドラッグアンドドロップする。これでOK。

インストールは簡単だ。

環境設定

設定項目は下の3つ。

  • [全体] アイコンの下にテキストを表示する。
  • [エディタ] フォント設定、文字エンコーディング
  • [タイプセット] TeXプログラムのPATH・実行プログラムの設定

 メインメニューのTeXworks-Preferences を開く。

[全体] アイコンの下にテキストを表示する。

 

[全体]タブを開く。「アイコンの下にテキストを表示する」にチェックを入れる。

[エディタ] フォント設定、文字エンコーディング

[エディタ]タブを開く。フォントを好みに合わせて設定する。ここでは「Osaka−等倍」を設定した。文字エンコーディングはUTF-8に設定する。「行番号表示」「現在カーソルのある行をハイライトする」は、はじめはオンの方が使いやすい。

[タイプセット] TeXプログラムのPATH・実行プログラムの設定

[タイプセット]タブを開く。

TeXおよび関連のプログラムのパス

「TeXおよび関連のプログラムのパス」の右にある[+]を押して、下のパスを選択する。これは2つ設定する。

/user/local/texlive/p2009/bin/i386-apple-darwin10.3.0
/usr/local/bibunsho/bin/i386-darwin

 

この上から並んでいる順番が優先順位、一番優先して使いたいから[↑]「↓」の矢印キーを使い下のように順番を入れ替える。

 タイプセットの方法

[タイプセットの方法]でも、右にある[+]を押す。

  • 名前
    • pdfplatex
  • プログラム
    • pdfplatex
  • 引数
    • $fullname
  • 「実行後、PDFを表示する」にチェックを入れる。
上の4つの内容をウィンドウに入力する。
デフォルトをpdfplatexに設定する。「エラーがなければ、ログを表示しない」は初めのうちはオフにする方が使いやすい。

 環境設定はできあがり。設定項目を反映させるために、いちどTeXworksを終了する。

動作確認

TeXworksを起動させて、下に書いたTeXソースファイルをつかってコンパイルを行う。

PDFドキュメントが表示されれば環境設定はOK。

 ようこそ、TeXの世界へ、この素晴らしい世界を存分に楽しんでほしい。

サンプルTeXファイル

hello world!。

hell.tex

\documentclass[12pt]{jsarticle}
\begin{document}

\section{Hello \LaTeX \ world !}
Hello World!

\end{document}

この記事を書いた人