Oculus Go を購入、32GBを選ぶべきか64GBモデルか?注文方法と届くまでのまとめ

これは未来です。VRヘッドセット「Oculus Go」を購入しました。

結論からお伝えすると、32GBモデルを購入しました。

Oculus Goは、Facebookから登場したデバイスです。

何が未来なのか

Oculus Goは、単体で動作できます。

初期設定には、スマートフォンに専用アプリをインストールしてセットアップする必要がありますが、日々使うときは、単体の電源を入れると、すぐにOK。

スピーカーも本体に内蔵されており、コントローラーのみです。

いつでも、どこでも、電源を入れたら、VRの世界です。

メガネでも、大丈夫。もちろんどんなメガネでもOKとはいかないかもですが、メガネでも使えると案内されています。

唯一、本体をUSBで充電するアダプターは付属していません。まぁこれは、もう持っていますよね。

そして価格です。

32GBだと、23,800円

この32GBで23,800円の価格、送料も消費税も込みです。正直、これは価格破壊です。

Oculus Goは、内蔵メモリの違いで2つのモデルがあります。

  • 32GB 23,800円
  • 64GB 29,800円

どちらを選ぶか?悩む

となると、どちらのモデルにするか?迷います。

予算は気にしない!というのであれば、大は小を兼ねるので、64GBです。

ですが、やっぱり気になるのが、この価格6,000円の違い。

正直、どちらの容量でも、本格的に使うようになると、このモデルでなく、次のモデルに買い換えることになると予想しています。

動画データを取り込むと、64GBでも不足するでしょうし。

なぜ、32GBモデルを選んだのか

私の場合は、メガネが本当に大丈夫なのか?そして、酔わないのか?の2つが気懸りでした。

なので、32GBを購入して、試してみて、大丈夫で本格的に使うようになったら、64GBを買い足してもいいという発想でのチョイスです。

注文するときに注意点

こちらのWebページから注文できます。ここで注意が一つ、住所の入力は、アルファベット、つまり、英文式になります。

参考 : 英語での日本住所の書き方

決済はクレジットカード

支払いは、クレジットカードです。VISAデビットカードで決済できました。

どれくらいで届く

5月21日の午前中に発注完了し、発送が5月23日 、5月26日の午前中に、届きました。

香港から国内までは、FedExさん、国内は、日本郵便さんでした。

謝辞

実は、コワーキングスペース茅場町 Co-Edo(コエド)オーナー田中さんが、Oculus Goを入手されていて、「これはiPhone登場の時と同じ感覚がする」と、話されたのを聞いて、「あっ!」となって慌てて注文しました。そのときに、実機を体験させていただき、参考になりました。感謝です。