博多ラーメンを食べ歩いた3軒 久留米・大砲ラーメン / 博多一双 / 一蘭(福岡空港店)

2019年4月に博多を訪れて、ラーメンを食べ歩いた3軒をまとめました。

なお、豚骨の匂いきつめのお店をチョイスしています。

久留米・大砲ラーメン KITTE博多店

夕方に東京・羽田空港を飛び立ち、夜22時すぎに博多駅に到着し、「博多ラーメンを楽しみたい」「23時まで営業している博多駅近くのお店は?」と探してたどり着いたのが、こちら。

久留米・大砲ラーメン KITTE博多店

実は、博多ラーメンのルーツである元祖とんこつラーメンである「久留米ラーメン」のお店。

豚骨の匂いは、強いです。

匂いが苦手な人は、ちょっと合わないかもしれません。

こってりのスープな「昔チャーシューメン」をオーダーしました。あと、餃子も。

匂いはきつめですが、味わいはまろやか。美味しかったです。

場所は、博多駅そばのKITTE博多店 9F。

夜遅い時間だと、博多駅側の専用エレベーターでアクセスする必要があります。(KITTE博多店のショッピングゾーンは閉店しているため)

23時まで営業しているため、夜遅くに博多に到着したときにも、博多ラーメンを楽しめます。

関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅

博多一双

博多・中洲にあるラーメン店。

豚骨ラーメンの匂いに包まれている中洲の中心エリアにお店はあります。

夜の21時過ぎに訪れたところ、お店の前に2組ほど待たれている方がおられましたが、5分ほど待つと、お店のカウンターに座れました。

なお、先に食券を購入してから、待つスタイルでした。

せっかくなので「特製ラーメン (1,100円)」をチョイス。

特製ラーメンは、早い話が、全部入りです。

匂いがキツイとのことでしたが、中洲エリア全体が豚骨の匂いに包まれているせいか?あまり気になりませんでした。

スープは、コクはあるけど、しつこくなく、テーブルにあるニンニクを1つ潰して入れると、さらに旨味が良い感じでした。

麺の硬さを「普通」で頼んだのですが、ちょっと個人的には柔らかすぎると思ったので、替玉は「バリカタ」でお願いしました。

バリカタを味わって、「ああっこれだ」と思いました。

なので、好みもあると思いますが、「バリカタ」もしくは「硬め」がオススメです。

なお、替え玉(150円)は、食券なしで注文可能でした。

関連ランキング:ラーメン | 中洲川端駅祇園駅呉服町駅

一蘭(福岡空港店)

福岡空港に一蘭さんがありました。

空港の中、しかも、保安検査場を超えた、搭乗口直前にお店がありました。

場所は、3番搭乗口近く。飛行機の搭乗時間直前でしたが、お店に吸い込まれました。

店内は、一蘭さんではおなじみの個別ブース。

基本に戻って(何が?)「ラーメン」を注文。

麺の硬さを「硬め」にして正解でした。いい感じ。

あと、出来心で半熟ゆで卵を追加。

福岡を飛び立つ直前の博多 豚骨ラーメン。ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 福岡空港駅

この記事を書いた人