読後 覚書 ”決弾”

一番心に残った言葉は以下の3つです。、
”勉めて強いる、楽しく習う”
”決断は買えない”
”必要なのは気前のよさ”
読み進むうちに考えられました。多くのことを。
また、仕事が出来る人をきっちり定義しているところも学習になりました。
意識が足りないところを、気づかせてもらった。

あとは、日々の仕事の中での決断を行うときに、この学習した事実と
自分の考えを常に問いながら、”何を変えていけばいいのか”
選択肢を減らすように、意識していければ、成果が得れると思いました。

そのためには、著者が繰り返し言うように、日報を書かないと感じました。
まずは読了後の考えをブログに固定します。

気になる(購入予定)参考書籍も記録しておこう。

この世で一番大事なカネの話
ロングマン現代英英辞典
いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え方
Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方
はじめての課長の教科書
世界一受けたいお金の授業

理想書店
http://www.dotbook.jp/risoushoten/items/info/bin0003-rvtcrtrvp

この記事を書いた人