ちょっと体験しただけでも良さがわかった!Mountain Lion通知センター

Mountain Lionが発売されて2ヶ月以上経ちました。残念ながら、まだMountain Lionをインストールできていません。臆病なので、安定しているシステムを、書き換えてアップデートする決心ができずにいます。

Mountain Lionをインストールしていないと「どれほど変わったのか」がわかりにくく、「新しい機能が200増えました」とのアピールもわからないですよね。

自分のMacにインストールは二の足を踏んでいますが、新しいMountain Lionは体験したいものです。Appleストアに行きました。

「通知センター」がとても便利ということをスタッフの方から教えてもらいました。実際に操作したらこれがとっても便利です。10.6のLionでもGrowlが通知していました。でもこれとはかなり違う印象です。今までは「教えてくれる」だけでした。

MouontainLionになって、トラックパッドの右端から左へ2本指でスワイプすると、通知センターが出てきます。内容を確認するだけでなく、メールのタイトルをクリックすると、メーラーが立ち上がる仕組みです。使い勝手がとても良くなっています。

左から右にスワイプすれば、通知センターは画面の外に隠れます。使い終わったときもスマートな操作になっています。

Lionでは「新しい情報を教える」単機能でしたが、こんどは「新しい情報を自由にすきなタイミングで確認して、そのまま作業に移れる」機能へ変わっています。通知センターという名前ですが、「新しいイベントのランチャー」だと思いました。MountainLionで大きく変わったというのが感想です。

MountainLionで新しくなった機能のうち、通知センターは便利な機能です。こまかなカスタマイズの方法もWeb上で多く議論されています。人気の高さの結果でしょう。Appleストアで少し体験しただけでも、便利だと思いました。タイミングを考えて、MountainLionをインストールしないとなぁと思っています。

外部HDDにインストールしようかとも考えましたが、USB2.0では速度が遅くて断念しました。最近になって、Thunderboltの外付けHDDがバッファローから発売されています。USB3.0よりもThunderboltは速度が速くこれにインストールできればと、夢見ています。困っているのは値段が高いことです。このケースだけをどこか(玄人志向)が発売してくれれば、買いなんですけども。

通知センター便利です。Appleストアに行かれた際には試してください。MountainLionにアップグレードしたくなりますよ。

Mac OS X Mountain Lion 200を超える新機能:通知センター 

MountainLion をはじめたい人におすすめ!


この記事を書いた人