裏技情報!32GB SDHCカードをIBM X40 本体のスロットで使う設定

2GBの壁!

IBM ThinkPad X40 (2372-DJ4)は、SDカードスロットを持っています。しかし、SDHCに非対応のため2GBまでのSDカードしか認識せず、4〜32GBのSDHCカードを使えません。

しかし、どうも「使えるらしいとの情報」がネットにあるのを見つけました。そこで、実際に32GBのSDHCカードが使えるのかをトライしました。

工夫してOK!

Windows XP SP3 の環境にて、32GBのSDHCカードを認識することが出来ました。予想以上に便利で、今では常にスロットにカードを入れて、データ保存に使っています。

32GBを認識させるためのポイントは以下の4つです。

  • Windows 標準ビデオドライバーを使う(IBM配布のビデオドライバーは使えない)
  • Windows XP SP3 適用
  • Update for Windows XP (KB955704) インストール
  • exFAT で SDカードをフォーマット

32GB SDHC

今回使った32GBのSDカードです。

Transcend microSDHCカード 32GB Class10

マイクロSDなのは、単に手持ちでClass10のカードがあったからです。アダプターはそこら辺にあったものを使いました。

データの読み書き用途なので困らないと思ってのことです。

4つのポイント

Windows 標準ビデオドライバー

IBMもしくはIntel配布 Intel 855GMEのデバイスドライバーは、下の写真のように画像が乱れてフリーズを起こします。

デバイスドライバーから削除して、必ずWindows標準ビデオドライバーにします。標準ドライバーでも実用上問題ありませんので、ご安心を。

SP3 適用

Windows XP SP3をインストールします。これは基本的にインストール済みだと思います。

Update for Windows XP (KB955704)

exFAT ファイル システム形式のサポートを行うアップデートプログラムです。

Download: Windows XP 用の更新プログラム (KB955704) – Microsoft Download Center – Download Details

この更新プログラムをインストールします。これで、exFATを扱うことが出来ます。

exFAT で SDカードをフォーマット

exFATでSDカードをフォーマットします。windowsのフォーマッタで行います。
このとき、クイックフォーマットのチェックは外しておきます。

フォーマットが完了すれば、準備作業は終わりです。ThinkPad X40 で、32GB SDHC カードの読み書きを行うことが出来るようになりました。エクスプローラーではリムーバブル記憶領域のデバイスと表示され、SDカードスロットのアクセスランプも良い感じで動作しています。

まとめ

もともとはSDHCに非対応のため2GBまでのSDカードしか認識できない、ThinkPad x40 ですが、32GBのSDHCカードを認識し読み書き出来るようにしました。

ポイントとしては、IBMもしくはIntel配布 Intel 855GMEのデバイスドライバーを削除して、必ずWindows標準ビデオドライバーにします。この手順を行わないと、ドライバーの競合?のためか、画面の表示がおかしくなりフリーズします。

標準ビデオドライバーでSP3の環境にて、更新プログラム KB955704(exFAT ファイル システム形式のサポートを行うアップデートプログラム)をインストールします。

exFAT形式でフォーマットを行うことで、32GBのSDHCカードを認識し使うことができます。データ保存場所として活用すると、とても便利です!。

ThinkPad x40 を愛するあなたへ!

参考サイト

X40にXPSP3をインストールしたら: 気晴日記

この32GB SDHC が使えるかもしれないと考え、トライするきっかけとなりました。

この記事を書いた人