東プレのキーボードは変換キー小さな新シリーズへ順次切り替わっていくとの情報ゲット【親指シフトユーザーにとっては悲報】

東プレのキーボードは、2017年に新シリーズが発表となりました。今の所(2018年1月現在)は、従来モデルも新シリーズも両方を購入できます。

しかし、従来のモデルについては、徐々に販売終了となっていき、新シリーズへ切り替わって行くそうです。

新シリーズの日本語JIS配列は、従来のモデルよりスペースキーが長く(47mmから80mm)なっており、変換キーが小さく、キーボードの右側に移動したレイアウトです。

親指シフトユーザーの私は、従来のキー配列だと、親指シフトタイピングでも無理なくキー操作でき、打ちやすいのです。使っているALL30gのキーボードは本当にタイピングが楽なので、ちょっと複雑な気持ちです。

特に、orzレイアウトに設定すると、タイピングが行いやすかったので、悲しい情報です。

この情報は、秋葉原のTSUKUMO eX.店 2階のキーボードコーナーで教えていただきました。「親指シフトのユーザの方が、来店され、この東プレのシリーズの切り替わりについて気にされていますし、従来のモデルを予備も含めて買っていかれるお客様がおられます」とのお話を聞けました。

テンキーありの親指シフトが行いやすいALL30グラムのキーボードはこちら。

テンキーなしはこちらのキーボードがオール30グラムでオススメです。

講座 開催予定

この記事を書いた人