ATEM Mini Pro クロマキー を使って、Zoomでオンライン講座を開催

  • ブックマーク

ATEM Mini Proのクロマキー機能を使って、Zoomのオンライン講座を開催して、とても良いオンライン講座を作ることができた。

クロマキー合成した 実際の動画

↓ Zoomの仮想背景機能を使わずに、ATEM Mini Proでクロマキー合成したのがこちらの動画。背景画像はこちら

↓ATEM Mini Proで、iPad Proの入力 + クロマキー合成したのがこちらの動画。

グリーンバックが必須

グリーンバック無しでもZoomの仮想背景機能は、合成できる(CPUのスペックによっては不可の場合もある)が、ATEM Mini Proのクロマキー合成には、グリーンバックが必須になる。

画用紙でも代用できるが、こちらのロールスクリーン型のグリーンバックを導入した。ロールスクリーンのため、グリーンスクリーンのシワの悩みなく収納できること、スタンド不要でグリーンバックを設置できて、非常に使い勝手が良い。

大東 信仁さんの投稿 2020年6月12日金曜日

ATEM Software Control から クロマキーを設定する

クロマキー合成をATEM Mini Proで行うには、ATEM Software Control(アプリ)からの操作が必要になる。

MacとUSB-Cケーブルで接続して、アプリ ATEM Software Controlを起動する。

右の パレット のなかにある アップストリームキー 1クロマ を開く。

Camera 1 が、画像に重ねたい(私が写っているカメラからの)入力なので、

  • フィルソースは Camera 1 を選ぶ

次に、クロマサンプルのチェックをONにして、Camera 1 のグリーンバックが写っている(緑の色合いが平均的な場所を選ぶ)場所を選ぶ、HDMI OUT にモニターを接続していると、場所を確認できて便利。

最低限の設定は、これで完了。

ATEM Mini Pro 本体の KEY を ON に

ATEM Mini Pro 本体のクロマキー合成で背景に写したい入力(Camera 2 )を選ぶ。次に、KEYON にする。

これで、クロマキー合成された画像が、出力される。

(KEYをONにしないと、クロマキー合成されない。このスイッチに気づかずに、1時間迷った。)

Software キー調整など

この状態だと、グリーンバックの背景が綺麗に消えないので、キー調整を行う。

設定値は、撮影している部屋の光線具合にもよるので、スライダーを動かして、綺麗に背景が消える場所を探す。

クロマ補正、カラー調整は必要に応じて行うが、私は基本初期設定のままにしている。

Software フライキー 合成する位置・大きさを調整

フライキーの値で、合成する位置と大きさを調整できる。キーフレームとして、2パターンを記憶することができ、ATEM Software Control にて、ワンクリックで呼び出すことができる。

均質な光が必要

クロマキー合成を行うとき、大切なのが「光」であることを痛感した。

グリーンバックに均質な光が当たっていると、綺麗にクロマキー合成ができる。逆に光線状態が悪いと、綺麗なクロマキー合成にならない。

しっかりとした照明が、クロマキー合成には必要だ。

参考記事

ATEM Mini Pro のHDMI OUT に繋いで確認するのに愛用しているのが、こちらのモニター。10インチで使いやすい。

10.1インチ 液晶 小型 モニター

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役