ヘッドセットを使ってMacOSの音声入力を行なったら快適に思考をテキストにできた 実際の入力結果も公開

MacBookPro 15インチに、ヘッドセットを接続して、音声入力したら、快適でした。

音声入力は、MacOSに付属しているものです。拡張パックをダウンロード導入しています。ネットは自宅の光回線に接続しています。

ヘッドセットは、ゼンハイザーのアナログ3.5mmヘッドホン端子のタイプを使っています。

SC 75
SC 75

posted with amazlet at 17.11.03
ゼンハイザーコミュニケーションズ
売り上げランキング: 799,220

ちょっと前のMacOSでは、USB接続のヘッドセットだと、30分から40分以上使うとノイズが発生するバグがありました。

今は解決しましたが、それ以来、このタイプのヘッドセットを使っています。両耳タイプを選んだのは失敗でした。片耳タイプの方が楽チンだと思います。

SC 45
SC 45

posted with amazlet at 17.11.03
ゼンハイザーコミュニケーションズ
売り上げランキング: 63,727

2016年モデルのMacBookPro 15インチは、入力端子が、USB-Cのみになっていますが、ヘッドホン端子だけは残っているので、使えます。

実際に音声入力したのが、下の画像です。一部分 変な日本語になっていますが、頭にある「言いたいこと」を、一度テキストの形にできて、この後、スムースにまとめられました。

まとめて、公開したのは、こちらの記事です。

比較してみてください。(スクリーンショットは見やすさの点からiPhoneのメモにて撮影していますが、入力はMacにて行っています)

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書いてます。

講座 開催予定

この記事を書いた人