Googleドキュメント(android)の音声入力で、物理キーボードを使って無理やり句読点を入力する、 ポイントは一括置換

Android の Google ドキュメントを使って音声入力を、スマートに行えないかと、色々とトライ中です。

問題なのが、句読点をどうやって入れるのかという壁。

OyaMozcの音声入力が使えるようになったのですが、 残念ながら音声入力中に物理キーボードから入力すると、英数入力となってしまい、アルファベットの入力しかできません。

後から編集してキーボードで入力し直せばいいと思っていたのですが、やはり面倒な作業でして、 音声入力しながら句読点を物理キーボードから入力できないかと模索しました。

そこで気づいたのが、Android の Google ドキュメントで、一括置換をする機能の存在です。

Android の Google ドキュメントにも、検索と置換の機能があります。

これを使って、あとから一括で置換すればいいと気づきました。

親指シフトのorzレイアウト の場合、

読点は、[キー

句点が、qキー

となります。

これをあとから一括置換してしまえばいいと気づきました。

しばらくこれで運用してみます。

これぐらいの作業なら、親指シフトのキーレイアウトを使うことを諦めて、ローマ字で入力すればいいんじゃないのかと言う意見もあるでしょう。

しかしそれは絶対に避けます。

日本語を、ローマ字思考してしまうことを、一瞬たりとも頭の中でやりたくないんです。

頭の中にある豊かな考えていることをイメージするが出てこなくなるのです。

手書きで日本語ローマ字で書きますか?

もし、手書きでローマ字を書けば、どれだけローマ字が日本語の思考を阻害する要因なのか、痛感できます。実際に行うのは進めませんが。

下の画像は、一括置換する前の音声入力で作成した原稿テキストです。

見ていただくとわかるのですが、句読点の代わりに、[ と q が入力されています。

androidで私の音声入力環境はこちらの記事で書いています。

[amazon_link asins=’B016XLGJJA,B07CSTJ6LV’ template=’CopyOf-ProductCarousel’ store=’plugin-mono96jp-22′ marketplace=’JP’ link_id=’781ced9e-936b-4f8a-9fb4-22417e812f1c’]

音声入力のカテゴリーの最新記事はこちら

    講座 開催予定

    この記事を書いた人