Invalid parameters to context creation エラーがPressSyncで発生 回避方法はトリミング実行

WordPressブログをiPhoneから書くのに愛用しているPressSync。

使っているとエラーが発生しました。

エラーメッセージはこちら。

Invalid parameters to context creation

訳すと、「文章作成中に無効なパラメータがある」です。なんのこっちゃ?でしたが、調べると、次の2つパターンの時に、エラーが発生しています。

iPhoneのスクショをアップするとエラー

  1. アップしようとしている記事の中に、iPhoneのスクリーンショット画像が含まれている
  2. iPhoneのスクリーンショット画像を[メディア]からWordPressにアップするとき

どうやら、スクリーンショット画像で、PressSyncがエラーになっている感じ。

回避策

iPhoneの写真アプリの[編集]で、トリミングして保存すると、解決します。

トリミングは、写真アプリで、エラーとなるスクショの画像を開き、画面右上の[編集]をタップし、

画面下、中央の右にある[傾き補正]のボタンをタップします。

すると、画像をトリミングできるので、トリミングして、画面右下にある[黄色のチェックマーク]をタップして保存します。

これで、エラーなく、スクショの画像をPressSyncでアップできます。

原因は画像のビット数

原因は、スクショ画像のPNGが、iOSのバージョンがアップして、ビット数が16ビットで保存されるようになったから。

トリミング作業を行うと、なぜか、8ビットの保存になり、エラーなく、PressSyncから画像をアップできます。

講座 開催予定

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします